EL HOYO MARAVILLA by Janette Beckman

イギリス人フォトグラファー、ジャネット・ベックマン(Janette Beckman)の作品集。2011年に「DASHWOOD BOOKS」によって刊行された同シリーズ作品集のデザインを改め、未発表の写真も新たに収録した一冊。1983年、ロサンゼルスが西海岸のパンクミュージックに注目していた時代、作者は東ロサンゼルスを拠点とするメキシコ系アメリカ人のストリートギャング「El Hoyo Maravilla (HM)」に関する記事を「LA Weekly」誌で見つけた。その記事には写真掲載がなかったため、作者は記者に連絡し、自らを写真家として紹介した。記者は、フロリダのマラヴィラパークに車で作者を連れ地元のギャングメンバー達に紹介することにした。

メンバー全員が各々のポーズを決めていて、そのことは私にとってイギリスのパンクスとニューヨークのBボーイズを思い出させた。ある日、一人の少年に『君の目の下にある涙のタトゥーは何?』と聞いた。『これはオレが刑務所に入っていたっていう証なんだ』と答えたの。彼らはワルい奴らだったようだけど、私はそれを知らなかったし、私にとってはただの若者で、美しいとさえ思った。

In 1983, while in Los Angeles checking out the West Coast punk music scene the British photographer, Janette Beckman, came upon a story in the LA Weekly describing El Hoyo Maravilla (HM), a Mexican-American street gang based in East Los Angeles. There were no photographs to illustrate the story so Beckman called the the reporter and introduced herself. He agreed to drive her out to Maravilla Park and make introductions to members of the local gang.

Everyone had their poses down; they reminded me of the punks and New York B-Boys. One day, I asked a kid, ‘What is that teardrop tattoo under your eye?’ and he told me, ‘That means I’ve been in jail.’ They were badass but I didn’t know. To me, they were just kids. I saw the beauty in them.

First published by Dashwood in 2011 this new re-designed edition features previously unpublished photographs.

by Janette Beckman

REGULAR PRICE ¥3,300

softcover
48 pages
152 x 210 mm
black and white
limited edition of 750 copies
2020

published by DASHWOOD BOOKS