DÉCHIRÉ by Gary Cohen

フランスを拠点に活動するフォトグラファー、ゲイリー・コーエン(Gary Cohen)の作品集。機能性を超越した創造性を記録し、幾層にも重なりあった表面の下に潜んでいる本来の意図を新たな美意識が宿る芸術作品に生まれ変わらせた作品。ヴィジュアル的には新現実主義者のジャック・ヴィルグレ(Jacques Villeglé)やミンモ・ロテッラ(Mimmo Rotella)の作品を思い起こさせるが、ここでは複数のイメージを一枚の平らな表面にすることによって、ポスターが持つ消費者主義的な目的と、それが破れることによって発現する反資本主義性という二面性をあまり感じさせないようにしている。アーティストでありデザイナーのサラ・ボリス(Sarah Boris)がクリエイティブディレクションを担当し、写真を撮ることと同じやり方で裏が青い紙にイメージをシルクスクリーンで印刷している。この本を自由にするにはポスターが入っている封筒を破かなければならない。パリを拠点に活動する詩人/劇作家/翻訳家のアデレード・プラロン(Adelaide Pralon)の詩も収録。装丁しないことによってページの順序を変えたり、1枚の作品として飾ったりすることができる。このことは、編集者、鑑賞者、キュレーターを隔てている全ての境界線が絡み合って一つになっている本書に演劇的な側面を付け加えている。

These images document creativity beyond functionality, transforming what lurks beneath the multiple surfaces initial intentions into new aesthetic artworks. The images bring to mind the works of New Realists Jacques Villeglé and Mimmo Rotella yet in this case flattening the images into a single surface reducing the duality of the posters - that of their consumerist purpose and the new echos of anti capitalism in the torn posters. Under the creative direction of artist and designer, Sarah Boris, the pages are screen printed onto blue back coloured paper, in the same way as the images captured. They are packaged into an envelope that must be torn in order to free the book. The book includes a poem written by Parisian based poet, play writer and translator, Adelaide Pralon. Each page of the book is loose and can be disseminated, reassembled or even displayed as individual artworks. All this gives a performative aspect to the book where the boundaries between editor, viewer, curator are all entwined to become one.

by Gary Cohen

REGULAR PRICE ¥8,800

softcover

32 pages

247 x 369 mm

color
limited edition of 300 copies

2019

published by MÖREL