CONTACT HIGH by D’Angelo Lovell Williams [SIGNED]

アメリカ人フォトグラファー、アーティストのダンジェロ・ロベル・ウィリアムズ(D’Angelo Lovell Williams)の作品集。本書はアーティストブックであると同時に、作者のこれまでの作品を包括的に探究した一冊で、欲望の視覚化と黒人の身体の描写に幅広く取り組んでいる。作者による物語性を持ったイメージは、黒人のクィアの人々がお互いの生活の中でどのように存在するか、また歴史的に存在してきたか、その様々な形を、シッターや恋人、ケアワーカー、あるいは影として描くことで表現している。これらの人々の人生経験や物の見方に対する疑問、より幅広く人種や階級、セクシュアリティ、ジェンダー、そして親密さの表現にまつわる問いかけによって作者の制作は導かれている。本書のタイトルとなっている「Contact High」は、作者の作品における触れることやジェスチャーの重要性に言及すると同時に、感覚の高まりや直感的な身振りを暗示している。

セルフポートレートから他のコミュニティとの協働まで、作者の写真は演劇的かつダンスのような、時には日常のありふれたシーンにおける黒人の身体を視覚化し、共同体の歴史と黒人コミュニティが受け継いできた慣習を提示する。親密で対話的なこれらのイメージの中核には、親族関係や精神性の概念が、ひそかな政治性と過激さを伴ったジェスチャーと共に織り込まれている。作者の揺るぎない視線は黒人やクィアのコミュニティに対する認知度と敬意を主張し、その影響力が権威となる情景を作り出している。家族、文化、友人、恋人、そして先祖とその子孫の間で繰り広げられる関係性が、心遣いや優しさ、脆弱さといった曖昧な領域として視覚化され、歴史を語る中では見落とされがちな人生の複雑なニュアンスを物語っている。

Both an artist’s book and comprehensive inquisition of D’Angelo Lovell Williams’s work to date, Contact High offers an expansive engagement with the visualisation of desire and depiction of the Black body. Williams’s narrative images reflect the many forms in which Black queer people exist and have existed historically within each other’s lives, picturing them as sitters, lovers, caregivers, or shadows. Williams’s work is guided by their life experience and an interrogation of their own perspective, as well as wider questions around the representation of race, class, sexuality, gender, and intimacy. The title Contact High references the importance of touch and gesture in Williams‘s work, and alludes to heightened senses and intuitive movement.

From self-portraits to collaborations with community, Williams’s photographs visualise the Black body in performative scenes that are theatrical, dance-like, and occasionally mundane, pointing towards collective histories and Black ancestral practices. At the heart of these intimate, dialogic images are notions of kinship and spirituality interweaved with quietly political and radical gestures. Williams’s unfaltering gaze insists on visibility and deference, and creates scenes in which Black and queer voices are the authority. The dynamics that play out between families, cultures, friends, lovers, ancestors and descendants are visualised as a spectrum of care, tenderness, and vulnerability, speaking to the nuances of our complex lives often overlooked by historical depictions.

by D’Angelo Lovell Williams

REGULAR PRICE ¥8,800  (tax incl.)

hardcover
104 pages
230 x 278 mm
color
2022

SIGNED BY D’ANGELO LOVELL WILLIAMS

published by MACK