CA.RA.MA.RU by Ryudai Takano

日本人写真家、鷹野隆大の作品集。作者の初期作品シリーズ「カ・ラ・マ・ル」を収録している。

写真の最も初期のジャンルの一つであるヌード写真は、1830年代後半にさかのぼる。しかし、その長い歴史にもかかわらず、時代とともにほとんど進化することなく、3つの中心的な信条に支配され続けている。それは、モノクロのドラマがより自然な色彩よりも好まれること、描かれるのは主に女性の身体であること、そして最後に、身体が男性であれ女性であれ、ヌード写真はほとんど常に男性の視線によって、男性のためのものであること。

鷹野隆大は、初期時代の作品群である『カ・ラ・マ・ル』で、よく踏まれ、しばしば狭すぎる道への一歩を踏み出した。3年間にわたって複数のセッション、またはカメラのためのパフォーマンスで撮影されたこのシリーズは、単純な前提から始まった。写真家が舞踏ダンサーのグループに『からまる』を体現するように呼びかけたのである。作者は、それ以上の指示はせず、この考え方に自分なりの方法を見出すことを任せた。日本語の『からまる』は、英語の『entanglement』と同じように、文字通りの意味から、感情移入の意味まで、複数の意味を持つ。しかし、高野は、『k』を『c』に置き換え、中黒で4つの音素に分割して再構成することで、言葉の速度を落とし、柔らかくし、同音の『からめる』のキャラメルのような滑らかな舌触りと甘みを持たせたのである。

美学的には、これらのイメージは、拡散する光と深い影に満ちたキアロスクーロ(コントラストの強調)という、ヌードの古典的な慣習に非常によく合致している。シリーズを通して出演者が揃うことで、さまざまな感情や感覚が表面化している。ある時は、体が歪み、痛みに悶え、筋肉が張り、手足が表裏一体となっている。また、あるときは、互いを優しさで包み込み、肌と肌同士が優しく触れ合うようでもある。パフォーマーの振り付けは、複雑で理解しがたいポーズもあれば、より自然な、人間の形をしたものに見えるものもある。ここでは、慣習にとらわれず、身体は男性と女性で、ある時は別々に、ある時は一緒に登場する。しかし、ここで最も印象的なのは、この男性性と女性性のバランスを意識させることよりも、むしろ両者を見分けること、あるいは両者の違いに気づくことが難しくなっていることであろう。鷹野が言うように、作者が求めたのは『社会に定着した通常の『男』と『女』像を超える身体の美しさ』である。

これらの写真は、約30年前、まだ自分の道を模索していた若い写真家が撮影したものである。今日、本シリーズの核となるマスキュリンとフェミニンという互いに排他的な概念から解放を求める声は、新しい世代のアイデンティティの探求の中心となっている。『カ・ラ・マ・ル』は、マスキュリンやフェミニンなものを超越し、私たちが互いに絡み合うだけでなく、世界そのものと絡み合う、新しい身体の神話を提案している。

―フランス人キュレーター、作家、編集者のマーク・フューステル(Marc Feustel)の序文より抜粋

EVENT:

鷹野隆大×原田直宏 トークイベント
日程:2022年12月24日(土)
時間:14:00-16:00
開催場所:BOOK AND SONS 3F
詳細

Stretching back to the late 1830s, the nude is one of photography’s earliest genres. Yet despite its longevity, it has evolved little over time, remaining governed by three central tenets: the drama of black and white is preferred to more naturalistic color; it is primarily the female body that is depicted; and finally, whether the body is male or female, the nude photograph is almost always made by and for the male gaze.

With (ca.ra.ma.ru), one of his earliest bodies of work, Takano Ryudai took a first step onto a well-trodden and often overly narrow path. Photographed in multiple sittings—or rather performances for the camera—over the course of three years, the series began from a simple premise: an invitation by the photographer to a group of Butoh dancers to embody karamaru (to be entangled). He provided no further indications or instructions, allowing them to find their own way into this idea.

As entanglement does in English, the Japanese term karamaru has multiple meanings, from its most literal definition to a connotation of emotional involvement. However, by repurposing the word, replacing the “k” with a “c” and using periods to break it up into its four component phonemes, Takano slowed down and softened the word, giving it an unctuous texture and sweet taste, like the caramel of its Japanese homonym, karameru.

In aesthetic terms, these images are very much in keeping with the classical conventions of the nude—chiaroscuros full of diffuse light and deep shadow. As the performers come together throughout the series, different emotions and sensations come to the surface. At times their bodies are contorted, writhing in pain, muscles taut, limbs knotted inextricably together. At others, they seem to envelop each other with tenderness, skin brushing gently against skin. Some of the performers’ choreographed poses are complex, incomprehensible to the eye, while others appear more natural, human forms that are made to fit together. In a departure from convention, the bodies here are male and female, sometimes appearing separately, sometimes together. But rather than making us aware of this balance between the masculine and the feminine, what is most striking here is that it becomes difficult to tell them apart, or indeed to notice the difference between the two. As Takano says, his search was for the “beauty of the body that transcends the normal images of ‘man’ and ‘woman’ that has been firmly established in society.”

These images were made some thirty years ago, by a young photographer who was still finding his way into his practice. However, as is often the case with photography, they have become more resonant over time. Today, the desire for emancipation from the established— and mutually exclusive—ideas of the masculine and the feminine which is at the heart of this series has become central to a new generation’s search for identity. (ca.ra.ma.ru) suggests a new mythology of the body, one that transcends the masculine and the feminine, where we are not only entangled with each other, but with the world itself. (Excerpt from the foreword written by curator, writer, and editor Marc Feustel (b. 1978, French).)

by Ryudai Takano

REGULAR PRICE ¥7,150  (tax incl.)

hardcover
64 pages
215 x 260 mm
black and white
limited edition of 700 copies
2022

published by LIBRARYMAN