BEYOND CARING by Paul Graham [SIGNED]

イギリス人フォトグラファー、ポール・グラハム(Paul Graham)の作品集。1985年に自費出版された作品集『BEYOND CARING』(Grey Editions)を復刻した一作。本書は、英国内の社会保障事務所や失業保険給付所の待合室や廊下で撮影された。長い待ち時間や行列、多大な負荷を課せられたシステムの劣悪な状況を記録することで当時の人々が置かれていた窮乏を伝えた力強い写真のシリーズである。この作品を制作するための正式な許可を得られなかったグラハムは人目を忍んで撮影を行った。カメラを構えて撮らなかったために構図が歪んでいる写真も多いが、この歪みが社会的な弱者のやり場のない苦悩を強調している。本書が発売されると多くの人が衝撃を受けた。マグナム派の写真家たちは伝統的なドキュメンタリーという主題にカラー写真を用いたことへ激怒したが、その一方でアクティビズムと芸術という2つの世界にまたがる作品として各方面で絶賛され、本作品は労働組合の大会とニューヨーク現代美術館で展示された。作者は社会派ドキュメンタリー、ニューカラー派、ルポルタージュの要素を融合させて被写体に深くかかわる新しい写真のスタイルを作り上げた。こうして生まれた素晴らしい作品は今日でもその凄みを失っていない。制作当時の1984年から何十年も経った今、これらのイメージは写真作品としてだけでなく、80年代半ばにイギリスで巻き起こった失業危機を捉えたユニークな史料としても益々重要な意味を持つようになっている。

本書は、イギリステーマにした1980年代を代表する3部作をMACKが再版した中の1冊。他に『A1 - THE GREAT NORTH ROAD』(2020/再版済み)と『TROUBLED LAND』(2021年秋発売予定)がある。

グラハムの『BEYOND CARING』の写真は衰えることを知らない…この作品は、サッチャー政権下のイギリスを捉えたイギリス人アーティストによる最も圧倒的かつ厳粛な記録の1つである」―デイビッド・チャンドラー(David Chandler)

Originally self-published in 1985, Paul Graham’s renowned series, ‘Beyond Caring’, was made in the waiting rooms and corridors of the Social Security and Unemployment offices around the UK, documenting the long waits, queues and poor conditions of an overburdened system, to produce a powerful series of photographs conveying the hardship people experienced. Denied official permission to make the work, Graham’s photographs were taken discreetly, usually without looking through the camera, resulting in a spatial disorientation that emphasised the unmoored distress of vulnerable citizens. The work shocked many on its release – leading Magnum photographers were outraged by its use of colour in a classic documentary topic, while others celebrated how it straddled the world of activism and art (it was exhibited at both Trade Union conferences and the Museum of Modern Art, New York). Graham forged a fresh form of engaged photography, mixing elements of social documentary, ‘new colour’ and reportage to create a striking body of work that endures to this day. Many decades have passed since their making in 1984, but these images have grown not only in photographic importance, but also as a unique historic record of the mid-1980s unemployment crisis in the UK. This edition of Beyond Caring is part of Graham’s iconic 1980’s trilogy of UK books, being republished by MACK, which also includes A1 – The Great North Road (2020) and Troubled Land (Fall 2021).

“The force of Graham’s Beyond Caring photographs remains undiminished. [...] one of the most commanding and gravest monuments to Thatcher’s Britain produced by any British artist”– David Chandler

by Paul Graham

REGULAR PRICE ¥8,800  (tax incl.)

hardcover
84 pages
243 x 322 mm    
color
2021

SIGNED BY PAUL GRAHAM

published by MACK