ALBRECHT FUCHS: ALBUM - PORTRAITS 1989-2020 by Albrecht Fuchs

ドイツ人フォトグラファー、アルブレヒト・フクス(Albrecht Fuchs)の作品集。アーティスト、アートエージェント、コレクター、出版者など、ある種特別な視点から世界を見つめている人々のポートレイト作品で知られている。客観的であると同時に繊細でもある作者のイメージは、スタジオや屋外で、私的な空間や日常の中で自然光で撮影されたものが多い。ブラウンシュヴァイク写真美術館とニュルンベルクの「KunstKulturQuartier」で開催された初めての大規模な展覧会を記念して出版された本書には、作者の作品の理解を深めるために特別に選ばれたイメージが収録されている。ジグマー・ポルケ(Sigmar Polke)ゲルハルト・リヒター(Gerhard Richter)ジョン・バルデッサリ(John Baldessari)、レイモンド・ペティボン(Raymond Pettibon)、ローレンス・ウェイナー(Lawrence Weiner)マーティン・キッペンバーガー(Martin Kippenberger)などの著名な芸術家から、マールガガレーテ・ヤクシック(Margarete Jakschik)、アネット・ケルム(Annette Kelm)、ヨハンナ・フォン・モンキーヴィッチ(Johanna von Monkiewitsch)などの若手芸術家、2021年に亡くなった作曲家エンニオ・モリコーネ(Ennio Morricone)のポートレイトを見ることができる。

Fuchs is considered one of the most significant contemporary portrait photographers. His work focuses on images of artists, art agents, collectors, publishers and other personalities who encounter the world with a special perception. Both objective and sensitive, Fuchs' images are often created in natural light conditions in studios or outdoors, in private or everyday environments. Published on the occasion of a first major exhibition of Fuchs' work at the Braunschweig Museum of Photography and at KunstKulturQuartier in Nuremberg, this book presents a special selection of images that provide an insight into his work, featuring portraits of famous artists such as Sigmar Polke, Gerhard Richter, John Baldessari, Raymond Pettibon, Lawrence Weiner and Martin Kippenberger, of younger artists such as Margarete Jakschik, Annette Kelm and Johanna von Monkiewitsch, and of composer Ennio Morricone who died in 2021.

by Albrecht Fuchs

REGULAR PRICE ¥4,500

softcover
112 pages
220 x 280 mm
color
2020

published by WALTHER KÖNIG