A FIELD MEASURE SURVEY OF AMERICAN ARCHITECTURE by Jeffrey Ladd

アメリカ人フォトグラファー、ジェフリー・ラッド(Jeffrey Ladd)の作品集。米議会図書館所蔵の「Historic American Buildings Survey(HABS、アメリカの歴史的建造物に関する調査)」に収められている約50万枚の写真や資料をもとに、メイソン=ディクソン線の南と北をジグザグに移動しながら西に向かう、架空の「片道ロードトリップ」が味わえる1冊。現在はドイツに拠点を置く作者は、民主主義が脅かされていた頃のアメリカの肖像を描き出すため、自分の作品の代わりにHABSの資料を使っている。

ウォーカー・エヴァンス(Walker Evans)の撮った社会派ドキュメンタリーやゴードン・マッタ=クラーク(Gordon Matta-Clark)らによる既存の建築への介入などに着想を得た作者は、この写真に漂う静寂を巧みに利用し、彫刻的、政治的、法医学的、空想的なものが美しさと脆弱さを併せ持つ風景の中で一つに溶け合った、幾つもの意味を読み取ることができる空間を創り出している。

本書のページをめくっていると、1人の人物による作品に見えたものが実は何十人もの写真家の手によるものだということが明らかになったり、遠い過去について書いたように見える文章が実は我々の予想よりも現在に近い出来事について語っていたりすることがわかってくる。本書は、HABSというアーカイブの素晴らしさはもちろん、そのイメージから作り出すことのできる多様な意味にも光を当てている。

Drawing from the nearly half a million photographs and documents comprising the Historic American Buildings Survey held in the US Library of Congress, this book constructs a fictional ‘one-way road trip’ across the United States, weaving north and south across the Mason-Dixon line while tacking west. In A Field Measure Survey of American Architecture, Jeffrey Ladd uses the HABS archive as a surrogate in order to manifest a portrait of his former country at a moment when its democracy seems imperiled.

Inspired equally by the social documentary work of Walker Evans and the architectural interventions of Gordon Matta-Clark and others, Ladd embraces the muteness of photographs to create an ambiguous space where the sculptural, political, forensic, and fictional coalesce within a landscape of both beauty and fragility. What initially appears to be a single voice is revealed to belong to dozens of makers; what seems a description of the distant past is revealed to be closer to the present than expected. A Field Measure Survey sheds light not only on this remarkable archive but on the proliferate meanings that can be shaped from its images.

by Jeffrey Ladd

REGULAR PRICE ¥7,150  (tax incl.)

softcover
368 pages
170 x 233 mm
black and white
2021

published by MACK