A DIARY - HASSELBLAD AWARD 2019 by Daido Moriyama

日本人写真家、森山大道の作品集。写真界に大きな影響を与え続けた作者が長いキャリアを通じて追いかけた革新的でオリジナルな写真表現を豊富なイメージで紹介する。「A Diary(日記)」というタイトルは毎日のように撮り続けてきた写真による旅に言及している。作者は断片や繰り返し、偶然性と混沌に満ちた作品を作り出してきた。非常に多作な作家であるが故、象徴的なイメージとして良く知られる作品は書籍や展覧会で幾度となく目にしたことがあるかもしれないが、同時に見たことのなかった作品に出会う可能性も残されている。作者の写真が長期に渡って幅広い影響を及ぼしてきたことを実証するために、サンドラ・フィリップス(Sandra Phillips)による作品の概観と分析に加え、サイモン・ベーカー(Simon Baker)、マーク・ホルボーン(Mark Holborn)、エルベ・シャンデス(Hervé Chandès)、ニック・ローズ(Nick Rhodes)、石内都など、作者が長いキャリアの中で出会い共に仕事をしてきた人々によるテキストを収録。2019年ハッセルブラッド国際写真賞受賞に伴い発行。

With its generous image flow, this book celebrates Daido Moriyama as the 2019 Hasselblad Award winner and his highly influential, lifelong radical and authentic approach to photography. "A Diary" points to his continuous, daily photographic expeditions, resulting in an oeuvre charged with fragments, repetitions, chance and chaos. His production of images is enormous, and whereas some photographs have become iconic and reappear in numerous books and exhibitions, it is always possible to encounter more unknown works. In order to exemplify the long term and wide range impact of Daido Moriyama's photography, this publication not only presents an overview and analysis of his work by Sandra Phillips, but it also includes shorter personal notes from people who has encountered and worked with him over the years: Simon Baker, Mark Holborn, Hervé Chandès, Nick Rhodes and Ishiuchi Miyako.

by Daido Moriyama

REGULAR PRICE ¥7,500

hardcover
250 pages
251 x 305 mm
color, black and white
2020

winner of the Hasselblad Award 2019

published by WALTHER KÖNIG