120 BPM by Philipp Mueller

スイス人フォトグラファー、フィリップ・ミュラー(Philipp Mueller)の作品集。作者はチューリッヒにおける今や世界最大のテクノパーティ「ストリートパレード」の初開催時や、アンダーグラウンド・レイヴ、パーティ、クラブのバックステージやプライベートなイベントでの親しげな様子など、場所やシチュエーションを問わずその場を生々しく撮影し、様々な雑誌に寄稿することで、1990年代初頭のスイスにおけるテクノシーンの黎明期を追った。

本書のタイトルである「120bpm」は、クラブトラックの1分あたりの拍(ビート)数である。スイス国内で、若者にとって最後の偉大なるムーブメントの一つとなるべくテクノが急激に成長した時期を、作者は前のめりに凝縮された写真のシークエンスで刻んでいる。そしてそれは、ナイトライフやクラブ、エレクトロニック・ダンス・ミュージックにおけるこれまでの革新的な出来事に、深い痕跡を残している。

本書は作者の写真のほか、レイヴ雑誌やファンジンからの切り抜き、また初期のシーンを築いたレイバーたちによる生の証言が収録されている。

記事:長い間忘れ去られていた90年代レイヴシーンのクラブキッズたち(VICE Japan)

120 bpm is the average number of beats per minute on a club track. So 120 bpm, the book, raps out some high-density forward-thrusting photo sequences from the years of techno’s meteoric rise in Switzerland to become one of the last great youth movements here, leaving its massive imprint on the nightlife, clubs and ongoing innovation in electronic dance music to this day.

Swiss photographer Philipp Mueller covered the dawn of the Swiss techno scene in the early 1990s in his raw shots of Zürich’s first street parades, underground raves, and parties—whether backstage in clubs or in the intimacy of private venues—for various magazines.

His photographs are interleaved here with facsimiled clippings from rave magazines and fanzines as well as first-hand accounts from some of the ravers who made the nascent scene.

by Philipp Mueller

REGULAR PRICE ¥8,250  (tax incl.)

haedcover
204 pages
230 x 320 mm
color
2021

published by EDITION PATRICK FREY