PALIMPSEST by Philippe Braquenier

ベルギーを拠点に活動するフォトグラファー、フィリップ・ブラクニエ(Philippe Braquenier)の作品集。西洋文化の知識と遺産を取り巻く概念的な風景、もしくは物理的に存在する風景が形作られてきた過程と、モダニズムがどのようにして歴史の影から姿を現したのかを見つめた1冊。本書が重要とする役割は過去を説明することではなく、歴史の変遷とその視覚的な表現の考察である。調査の手段として写真とテキストを使用したこの本は、科学と文化、自然と人工物、アナログとデジタル、目に見えるものと目には見えないものとの交差点に立ち現れる。ここでは一見すると両極端に見えるイメージを通じて歴史と現在が一点に向かって収束し、一時的なものに新しい意味を与えることの根拠が説得力を持って示されている。2012年に始まり現在も継続中の本プロジェクトは、他の「生きている」アーカイブと同様に常に拡大し続ける。未だ制作途中である本作は、出版物と歴史という概念がどちらも過去に閉じ込められた、もはや機能しない固定されたものでしかないという事実を明るみにする。この作品は、歴史とは人の手によって作られたものであり、常に変更・追加されていることを説明し、歴史的な記録や知識全般を保存するために人類が用いる手段に疑問を投げかける。

Palimpsest” explores the makeup of the conceptual and physical landscape of Western cultural knowledge and heritage: how does contemporaneity assert itself from the penumbra of history? The primary task of the book is not so much to explain the past as it is to consider historical development and its visual expressions. Using photography and text as its means of investigation, the publication emerges from the intersections of science and culture, natural and man-made, analogue and digital, visible and hidden. On its pages, history and the present converge through these seeming polarities and propose a persuasive argument to refigure temporality. Palimpsest is an ongoing project that began in 2012 and like any ‘living’ archive, it keeps growing constantly. Approaching the book as a work-in-progress, Braquenier debunks the publication, and the idea of history itself, as something imprisoned in the past, as inactive and immobile. The work illustrates how material history is constantly being altered and added on. It questions the methods mankind uses to preserve historical records — and knowledge overall.

by Philippe Braquenier

REGULAR PRICE ¥7,000

softcover
118 pages
230 x 290 mm
color
limited edition of 500 copies
2018

published by ART PAPER EDITIONS