DIE VERWANDTE. AUS DEM FOTOGRAFISCHEN NACHLASS DER ANNE-MARIE VON WOLFF by Mimi von Moos

スイス人アーティスト、アン・マリー・ボン・ヴォルフ(Anne-Marie Von Wolff)の作品集。同じくスイス人アーティストで作者の甥の孫娘である、ミミ・ボン・モース(Mimi von Moos)による編集。作者は、スイスの都市ルツェルンで幼い頃からのけ者にされて育った。てんかんの発作に結核という持病があり、姪が亡くなったのは作者の病気がうつったせいだと誰もが思っていた。自分の家族とその周囲の状況を注意深く観察するようになったのは、疎外されていたことが一因なのかもしれない。しかし作者は、カメラを通じて徐々に家族と自分が暮らす狭い世界の中に居場所を見出していった。無口で陰鬱な人だったと言われているが、ルツェルンの日常風景、レ・マイヨン=ド=シオンでの夏休み、いとこでジャーナリスト、作家のカール・ボン・シューマッハーを訪れた時のこと、マウエンゼー城などを捉えた作品は、彼女が鋭敏な感覚と力強い構図のセンスを持っていたことを証明している。しかし存命中はその芸術的な才能が注目されることはなかった。その作品は、ミミ・ボン・モースが祖父の家でバナナの木箱にしまい込まれていた写真を偶然見つけてようやく日の目を見ることとなった。これまでに1930年代から1950年代にかけて作者が撮影したおよそ1500枚のモノクロ写真が発見されている。ミミ・ボン・モースは、いくつかの文学論の中で遠い時代の大切な瞬間を今に伝えるこれらの写真を現代の視点から見るという体験について書いている。また彼女は、これらの写真を手掛かりに決して表に出ることがなかった今では知ることができない一人の写真家のポートレイトを描き出そうと試みている。『Die Verwandte』(私の親族の女性)と名付けられた本書では、一つの類まれな発見に基づいて写真の様々な側面を探求した。いつも家族から少し離れた目立たない場所でカメラの影に隠れていた、遠い昔に亡くなった親戚が残した輝かしいイメージを深く分析した、アーティストで哲学者のティーネ・メルツァー(Tine Melzer)のエッセーと家族のインタビューの書き起こしが批評的な試みをより完全なものにしている。ミミ・ボン・モースによるテキストも収録。

Anne-Marie von Wolff (1893–1974) grew up in Lucerne, where she was an outsider from an early age. Epileptic seizures, tuberculosis and the claim that her disease had caused the death of her niece increasingly made her a child pariah, but may have also made her such an attentive observer of her family and immediate surroundings. Her camera eventually gave her a place in the family fold and in the narrow world she inhabited. She is said to have been taciturn and rather austere, but her photographs of everyday life in Lucerne, a summer holiday in Les Mayens de Sion and a visit to her cousin, journalist and writer Karl von Schumacher, at Schloss Mauensee testify to her tenderness as well as her eye for strong compositions. But her artistic talent went unnoticed during her lifetime. That changed when her great-grandniece, Mimi von Moos, happened upon some of her photos stowed in a banana box at her grandfather’s house. To date Mimi von Moos has gathered some fifteen hundred black-and-white photos shot by Anne-Marie von Wolff from the 1930s to the 1950s. In Mimi von Moos’ literary essays, she writes about viewing these photographs of a bygone epoch from a present-day perspective and draws on them to piece together a portrait of the all-but invisible and unknowable photographer. Die Verwandte (“My Kinswoman”) explores various aspects of photography on the basis of a most unusual find. This critical endeavor is rounded out by transcribed interviews with family members and an essay by artist and philosopher of language Tine Melzer, which delve deeper into the luminous imagery of a long-gone relative who always kept a bit apart, in the shadows, behind the camera.

by Mimi von Moos

REGULAR PRICE ¥6,800

hardcover
298 pages
180 x 265 mm
color, black and white
2019

published by EDITION PATRICK FREY