RAUMORDNUNG by Michael Blaser

スイス人フォトグラファー、マイケル・ブレイザー(Michel Blaser)の作品集。作者は見栄えのしないことや取るに足らないこと、見慣れたものや見過ごされがちなものに芸術的な関心を抱いてきた。首都ベルンに生まれ育った作者は、都市周辺の景観の特殊性を観察し、都市のアイデンティティと田舎町の性質、自然とスプロール現象、公の場と私的な空間との間を揺れ動く凡庸なスイスの一面を我々の目の前に突きつける。ランドスケープとも建築のイメージともとれる写真の中の人々の生活が積み重なって形成された風景は、私たちの社会をありのままに写し出している。

Michael Blaser’s artistic concerns centre on the unspectacular, the trivial, the familiar and the oftentimes overlooked. Raised in the agglo-meration, he examines the peculiarities of the urban periphery. The artist confronts us with a Switzerland of mediocrity that oscillates between urban identity and pro-vincial character, nature and urban sprawl, public and private space. Michael Blaser’s photographs can be considered both land-scape and architectural images. The domes-ticated landscapes with their infrastructures are unadorned mirror images of our society.

by Michael Blaser

REGULAR PRICE ¥5,200

softcover
96 pages
213 x 317 mm
color
limited edition of 500 copies
2018

published by ART PAPER EDITIONS