ESP CULTURAL MAGAZINE ISSUE 2

東京発・年四回刊行、全編英語テキストの世界市民のためのカルチャー・マガジン『ESP Cultural Magazine』。アートディレクションはエクスペリメンタル・ジェットセット(Experimental Jetset)、編集アドバイザーにはキュレーターのハンス・ウルリッヒ・オブリスト(Hans Ulrich Obrist)、編集長は菅付雅信が務める。

ESPERANTO Culture Magazine』が2号目から誌名を一新、『ESP Cultural Magazine』(イーエスピー・カルチュラル・マガジン)として刊行。この2号目こそが実質的な創刊号のつもりで制作されており、ページ数も1号目の88ページから144ページに大幅増。印刷も今回からオランダの印刷所で、 本誌のデザインを手がけるアムステルダムのエクスペリメンタル・ジェットセットの監修の元に印刷・製本され、より高いクオリティの仕上がりとなっている。

2号目はアート特集「THE GLITCH IN THE ART SYSTEM」。コロナの時代においてアートとは何かを問う。ハーレムスタジオ美術館のキュレーターであるレガシー・ラッセル(Legacy Russell)の話題の書『Glitch Feminism: A Manifesto』(Verso, 2020)を参考に、アート業界の「グリッチ」を探求する。「グリッチ」とは、システムのミスやバグ、不具合のことであり、レガシー・ラッセルは、欠陥から抑圧的なシステム自体の不具合を見つけ出し、それを解決する中で新たなシステムを構想することを提唱。問題は同時に変革のための鍵でもあるとラッセルは唱える。ラッセルの「グリッチ」の概念を通し、本特集は、デジタルでもありフィジカルでもあるような「曖昧な領域」から既存のアートの枠組みが抱える「不具合」(多様性の欠如や権力の不均衡、莫大な富との結びつきなど)に焦点を当てる。アートコレクターからキュレーター、建築家、経済学者、アーティストまで、アート業界のエコシステムを構築する様々な関係者へのインタビューを通して、これからのアートマーケットのあり方とその構想を探っていき、どのような変革を取り組むべきかを考察する。

寄稿者は、前述のキュレーターのレガシー・ラッセル(Legacy Russell)、世界的キュレーターのハンス・ウルリッヒ・オブリスト。インタビューはパフォーマンス・アーティストのマリーナ・アブラモヴィッチMarina Abramović、アーティストのオラファー・エリアソンOlafur Eliasson、北京の私設美術館「X Museum」の若手設立者マイケル・ホゥアンMichael Xufu Huang、建築家・ライターのジャック・セルフJack Selfとケラー・イースターリングKeller Easterling、映像作家のマンシア・ディアワラManthia Diawara、社会学者のサラ・ソーントンSarah Thornton、中東初の現代美術のアートセンター「ジャミール・アートセンター」のアントニア・カーヴァーAntonia Carver、コレクターの宮津大輔、マダガスカルを拠点とするアーティストのジョエル・アンドリアノメアリソアJoël Andrianomearisoaなど。オリジナルのイラストはルディー・ゲジRudy Guedjが手がける。

連載エッセイは、世界的ベストセラー『21世紀の歴史』で知られるフランスの歴史学者、経済学者ジャック・アタリ(Jacques Attali)、グラフィックデザイン・チームのエクスペリメンタル・ジェットセット、これからのユニバーサル・ランゲージ(世界共通語)を探るジャーナリストのトニー・ラズロ(Tony László)、パレスティナの女性小説家アダニア・シビリ(Adania Shibli)、べルリンを拠点とするアーティストのクリスティーヌ・サン・キム(Christine Sun Kim)。

レビューは34人/34本/34ページの大ヴォリュームで構成。ベストセラー『人新世の資本論』で知られる経済思想家の斎藤幸平、ジャーナリストの伊藤詩織、哲学者のグレアム・ハーマン(Graham Harman)、世界的映画監督の王兵(ワン・ビン)、モスクワの国際的社会活動アーティスト「プッシーライオット」のナジェージダ・トロコンニコワ(Nadezhda Tolokonnikova)、グラフィックデザイナー・デュオ Sulki&Min、イランの思想家レザ・ネガレスタニ(Reza Negarestani)などが寄稿する。

18都市/18名のクリエイターのおすすめの本、映画、音楽、そしてお店を紹介するレギュラー企画「SOURCES」では、東京をDOMMUNEの宇川直宏、ベルリンをアーティスト兼ミュージシャンのアルヴァ・ノト(Alva Noto)、シンガポールは『WERK』アートディレクターのテセウス・チャン(Theseus Chan)、クアラルンプールは映画監督エドモンド・ヨウ(Edmund Yeo)、パリは話題のミュージシャンであるシャソール(Chassol)、北京は写真家リン・チーペン(Lin Zhipeng aka No.223)、ソウルはデザイナーのイ・カンホ(Kwangho Lee)などが参加する。

Issue 2 unpacks the ‘glitch’ in the art system. In reference to Glitch Feminism: A Manifesto (Verso, 2020), where Legacy Russell explores cyber feminism through the concept of a glitch: a mistake, a bug in the system—to be embraced as a liberating force against systems of oppression, here we examine the current state of the art world: issues of representation, the future of ownership, ongoing power imbalances — to understand how to tackle the changes that need to be made in the arts and beyond.

Legacy Russell addresses the art world dilemma, and Hans Ulrich Obrist interviews Marina Abramović and Todd Eckert on Mixed Reality, while Joseph Constable interviews Michael Xufu Huang and members of X Museum. Yang Wang and Zhenzhen Qi of zzyw reflect on the space between code and mystery. Jack Self, Keller Easterling, Counterspace, The Forest Curriculum, and Andria Hickey review the realities of physical and digital spaces. A comprehensive Q&A on the art market with 11 different artists, curators, sociologists, critics, and collectors, while Elena Zavelev observes the digitisation of the art market. Also featuring interviews with Olafur Eliasson and cognitive scientist/poet Pireeni Sundaralingam on re-humanising the planet, along with a conversation on the poetics of ecology with filmmaker Manthia Diawara. Complete with original illustrations proposing the merge of the virtual and physical by Rudy Guedj.

Also in the magazine—
REVIEWS on a football game between Paris Saint-Germain vs the Istanbul Başakşehir, Emanuele Coccia’s Metamorphoses, Alexei Navalny’s prison sentence, the status of exoskeletons, a K-pop logo, Puerto Rican hip-hop, Takeshi Fukunaga’s film Ainu Mosir, and more, from Kim Heecheon, Carlos Manuel Álvarez, Abhijan Toto, Ben Ware, Lantian XIe, Alaa Mansour, Caleb Azumah Nelson, Paul Mendez, Kohei Saito, Damien Jalet, Graham Harman, Minna Salami, ChenQuifan aka Stanley Quifan Chen, Kentaro Takahashi, Sulki & Min, Ahmed & Rashid bin Shabib, Maryse Condé, Abigail Assor, RAW Material Company, Tash Aw, Wang Bing, Adilkhan Yerzhanov, Hera Chan, Nadya Tolokonnikova, Reza Negarestani, Stan Sharifullin, Alexander Burenkov, Vasantha Yogananthan, Roan Ching-Yueh, Aqui Thami, Shih-Li Kow, Jason Y. Ng, Mohamed
Mbougar Sarr, Shiori Ito.

ESSAYS — ‘Reading Philosophy in Palestine’ from Adania Shibli, ‘Tiny Traumas’ from Christine Sun Kim, ‘The Graph and the Glitch’ from Experimental Jetset, ‘Look for Good News’ from Jacques Attali, ‘Searching for Universal Languages’ from Tony László.

SOURCES from 18 people, 18 cities. These pages offer a glimpse into recent reads, music, films, and favourite art spaces from Turbo (Amman), Edmund Yeo (Kuala Lumpur), Sunny Dolat (Nairobi), Alva Noto (Berlin), Frida Orupabo (Oslo), Kwangho Lee (Seoul), Sofía Quirós Ubeda (San José), Maha Maamoun (Cairo), Femi Adeyemi (London), Theseus Chan (Singapore), Ram Ozeri (Jerusalem), Bárbara Sánchez-Kane (Mexico City), Naohiro Ukawa (Tokyo), Beth Wilkinson (Melbourne), Lin Zhipeng aka No.223 (Beijing), Billie Zangewa (Johannesburg).

REGULAR PRICE ¥2,200  (tax incl.)

softcover
144 pages
270 x 180 mm    
color, black and white
2021

published by ESPERANTO MEDIA LLC