A MAGAZINE CURATED BY GLENN MARTENS

プレオーダー *8月入荷予定

A Magazine Curated By』は、「Y/プロジェクト(Y/Project)」と「ディーゼル(Diesel)」のクリエイティブディレクターを務め、パリを拠点に活動するベルギー人デザイナー、グレン・マーティンス(Glenn Martens)を第27号のゲストキュレーターとして迎える。2024年、創刊20周年を迎える『A Magazine Curated By』は、創業の地であるベルギーに立ち返る。

マーティンスの作品はフランドル地方の巨匠から引用されたゴシックなイメージに満ちているが、しばしば現代的なデジタル技術に基づいたレンズを通して再構築される。本号では、歴史的かつ現代的な要素のバランスのよい組み合わせが中心的な役割を果たしている。マーティンスの故郷であるベルギー・ブルージュで撮影された豊富なポートフォリオは、このテーマを踏襲している。フランス人フォトグラファーのアルノー・ラジュニ(Arnaud Lajeunie)とスタイリストのウルシナ・ギジ(Ursina Gysi)が、アヌーク・ルペール(Anouck Lepere)、デルフィーヌ・バフォー(Delphine Bafort)、キム・ピアーズ(Kim Peers)、アン・カトリーヌ・ラクロワ(Anne-Catherine Lacroix)、ロース・ファン・ボストラーテン(Roos Van Bosstraeten)といったベルギーを代表するモデルを起用し、「Y/プロジェクト」の10年間の軌跡を中世の町で撮影した。

ライターのニコール・デマルコ(Nicole DeMarco)によるエッセイでは、ラファエル前派の美術モデルであり詩人、美術家であるエリザベス・シッダル(Elizabeth Siddal)を通じてミューズの魅力を解剖し、歴史上の赤毛のミューズたちがいかにシッダルのおかげで「イット・ガール」になったかを探る。フォトグラファーでありディレクター、映像監督のジョーダン・ヘミングウェイ(Jordan Hemingway)とスタイリストのロビー・スペンサー(Robbie Spencer)は、シッダルのような女性に影響を受け、ヘア・アーティストのシンディア・ハーヴェイ(Cyndia Harvey)が手がけた最長のヘア・エクステを撮影した。

この考察の延長線上で、オランダ人アーティスト、ポール・コイカー(Paul Kooiker)は、長年のミューズである人物を撮影し、粘土や形状を用いて体の形を表現しており、そのことで被写体は彫刻と化している。同様に、ベルギー人メイクアップアーティストのインゲ・グロニャード(Inge Grognard)と 写真家リン・ゾング(Zhong Lin)による「カルトブランシュ(白紙委任状)」ビューティーシリーズは、顔をキャンバスに変える。

マーティンスは、自身のデザインを、身体の限界を超えたフレームを作る手段として捉えている。また、建築への考えを拡げると、オランダ人建築家レム・コールハース(Rem Koolhaas)率いる建築設計事務所「Office for Metropolitan Architecture (OMA)」のメンバーであるミシェル・デン(Michelle Deng)と、「ANY NYC」のマイケル・エイベル(Michael Abel)といった建築家たちが、教会や礼拝堂を建設する人間の必要性と信仰との関係を熟考し、そのつながりを探求している。

最後に、2023年にニューヨークの「ホイットニー美術館(Whitney Museum of American Art)」で回顧展を開いたアメリカ人アーティストのジョッシュ・クライン(Josh Kline)が、「ディーゼル」のデニムを最も「アメリカン」な商品として探求し、「ディープフェイク」やAIツールなどのテクノロジーを使用し、見慣れたものと見慣れないものを作り出すマーティンスの布メディアの世界へのアプローチを、自身初のファッション・ストーリーで表現している。

コントリビューター:
アルノー・ラジュニ、シンディア・ハーヴェイ、フレドリック・ニールセン、インゲ・グロニャード、ジョーダン・ヘミングウェイ、ジョッシュ・クライン、カッペル・カスプツィク、ミシェール・アベル、ミシェル・デン、モホークマニア・ボブ&ジュリー・バグナル、ポール・コイカー、センジャン・ヤンセン、シルヴィア・プラダ、ウルシナ・ギシ、リン・ゾング

Glenn Martens:
2012年に自身の名を冠したブランドを設立したグレン・マーティンスは、そのわずか1年後、前衛的なパリのファッションブランド、「Y/プロジェクト」の創業デザイナーが逝去した後、クリエイティブ・ディレクターに指名された。それから10年の間に、マーティンスはストリートとレディ・トゥ・ウェアを組み合わせたコンセプチュアルなスタイルで、伝統的なパターンメイキングの枠を超えた現代的なシルエットと、完璧な生地開発を融合させ、忠実なファンコミュニティを築いてきた。

「Y/プロジェクト」のコレクション全体にデニムを使用するというマーティンスの特別な関心は、OTBグループの創業者であり「ディーゼル」の創始者であるレンツォ・ロッソ(Renzo Rosso)の興味をかき立て、ロッソはこの若手デザイナーを2020年に「ディーゼル」のクリエイティブ・ディレクターに抜擢した。就任以来、マーティンスはデニムに特化したブランドを再活性化させ、ディーゼルを近年最も話題のファッションブランドにしただけでなく、デニム技術の追求を極限まで押し進めた。
 
2022年には、ジャンポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaulthier)がマーティンスをゲストデザイナーとして招聘し、オートクチュールコレクションを発表、同年に「Y/プロジェクト」のレディ・トゥ・ウェアのコラボレーションも行った。この2つのコレクションは、アイコニックなメゾンとその特徴的なシルエットを新しい世代に向けて再出発させるのに貢献した。

A Magazine Curated By
A Magazine Curated By』は、毎号ファッションデザイナーをゲストキュレーターとして招き、その世界観を探求するユニークなコンセプトマガジン。編集部とのコラボレーションにより、ゲストキュレーターが革新的である独自のコンテンツを通して、文化的な価値観や美学を表現する。各号では、人々と情熱、物語、感情、好奇心、自然さ、真正性という、デザイナーの理念を讃えている。ベルギー初のファッション雑誌を誇る本誌は、今最も影響を与えているファッションデザイナーの視点を親密に繰り広げており、国際的に高い評価を得てきた。

過去には、アレッサンドロ・ミケーレ、デルフィナ・デレトレズ、エックハウス ラッタ、アーデムフランチェスコ・リッソ、ジャンバティスタ・ヴァ、グレース・ウェールズ・ボナー、ハイダー アッカーマン、高橋盾、キム・ジョーンズ、ルーシー&ルーク・メイヤーメゾン・マルタン・マルジェラ、ピエールパオロ・ピッチョーリ、プロエンザ・スクーラー、リカルド・ティッシ、シモーネ・ロシャ、スティーブン・ ジョーンズ 、トム・ブラウン、ヨウジヤマモトなどがキュレーションを務めた。

※ 本書は印刷や製本、紙の性質上、細かなスレなど軽度のダメージがある可能性がございます。予めご了承ください。


記事:デザイナーとともに革新を続ける『A Magazine Curated By』編集長ダン・ソーリーの雑誌作り(THE FASHION POST)

Available for pre-order now. *It will be shipped in August

A Publisher is pleased to announce that the 27th issue of A MAGAZINE curated by is curated by Paris-based Belgian designer, Glenn Martens, creative director of both Diesel and Y/Project. With A MAGAZINE curated by celebrating its 20th anniversary this year, the publication is excited to be returning to its Belgian roots.

Martens’ work is steeped in gothic imagery taken from Flemish masters but is often is reworked through a contemporary digitally-informed lens. This juxtaposition plays a central role in his issue, balancing the historical with the now. A substantial portfolio shot in Martens’ hometown of Bruges plays on this theme; Photographer Arnaud Lajeunie and stylist Ursina Gysi photographed 10 years of Y/Project on iconic Belgian models like Anouck Lepere, Delphine Bafort, Kim Peers, Anne-Catherine Lacroix and Roos Van Bosstraeten throughout the medieval city.

The fascination of a muse, in this case the Pre-Raphaelite artist Elizabeth Siddal, is dissected in an essay by Nicole DeMarco, exploring how all redhead muses of history might owe their it-girl statuses to Siddal. The longest extensions made by hair artist Cyndia Harvey is photographed in a series of images by Jordan Hemingway and stylist Robbie Spencer inspired by women like Siddal.

A continuation of this contemplation, Paul Kooiker photographs a longtime muse, using clay and forms to play with the shape of the body. The sitter becomes sculpture. Similarly, a carte blache beauty series by makeup artist Inge Grognard and photographer Zhong Lin makes the face into a artwork’s canvas.

Martens sees his designs as a way to create a frame past the limits of the body. And extending the mind to architecture, architects Michelle Deng of OMA and Michael Abel of ANY NYC ponder the relationship between faith and the human need to build churches and chapels to explore our connection to faith.

And lastly off of his Whitney Museum solo show last year, artist Josh Kline explores Diesel’s denim as the most American commodity and how Marten’s approach to the fabric media landscape using technology like deepfake and AI tools to create the familiar with the unfamiliar in his first-ever fashion story.

Contributors include:
Arnaud Lajeunie, Cyndia Harvey, Fredrik Nielsen, Inge Grognard, Jordan Hemingway, Josh Kline, Kacper Kasprzyk, Micheal Abel, Michelle Deng, Mohawkmania Bob and Julie Bagnall, Paul Kooiker, Senjan Jansen, Silvia Prada, Ursina Gysi, Zhong Lin

About GLENN MARTENS:
Having started his eponymous line in 2012, Glenn Martens was invited just a year later to become creative director of Y/Project, the avant-garde Parisian fashion brand after its founder suddenly passed away. In the 10 years since, Martens has built a community of loyal fans of his conceptual blend of street and ready-to-wear, one that combines immaculate fabric development with contemporary silhouettes that push the boundaries of traditional pattern making.

Martens’ particular interest in using denim throughout his Y/Project collections peaked the interests of Renzo Rosso, owner of OTB and its brand Diesel, who tapped the young designer to become creative director of Diesel in 2020. Since joining, Martens has revitalised the denim focussed brand, not only making Diesel the buzziest fashion brand of late, but also pushing denim technique to the nth degree.

In 2022, Martens was also invited by Jean Paul Gaultier to design a collection for the couture house, as well as a collaboration of ready-to-wear for Y/Project. These two collections helped relaunch the iconic maison and its signature silhouettes for a new generation.

ABOUT A MAGAZINE CURATED BY:
A Magazine Curated By explores the universe of a chosen fashion designer in each issue. Founded in Antwerp in 2001, A Magazine invites a guest curator – an international fashion designer, group or house – to develop innovative, personalised content to express their aesthetic and cultural values in a unique, collectible document. Each issue celebrates this designer’s ethos: their people, their passion, their stories, emotions, fascinations, spontaneity and authenticity. Every A Magazine Curated By is a new story waiting to be told.

by A MAGAZINE CURATED BY

REGULAR PRICE ¥7,700  (tax incl.)

softcover
200 pages
230 x 295 mm    
color, black and white
2024

PRE-ORDER *SHIPPED IN AUG

published by A MAGAZINE CURATED BY