THE COUTURE SECRETS OF SHAPE by Charles James, Homer Layne, Dorothea Mink

イギリスに生まれアメリカを拠点に活動したファッションデザイナー、チャールズ・ジェームス(Charles James)の作品集。チャールズ・ジェームスのアシスタントを勤めていたホーマー・レイン(Homer Layne)、ファッションデザインの教鞭をとるドロシア・ミンク(Dorothea Mink)が編集を務める。チャールズ・ジェームスはアメリカで初のクチュリエであり、1930年代にデザインした非常にエレガントなイブニングドレスで知られているが、当時実は既にユニセックスなスタイルのデザインを手掛けていた。1970年代にニューヨークでリバイバルしたかの有名なダウンジャケットも、もとはチャールズ・ジェイムズデザインしたものである。ファッションの歴史の中でも最も重要なデザイナーの1人と言われながら明解なビジョンを持つ思想家として評価され、技術と方法論の両方において長い間影響を与えるイノベーションをファッションの世界にもたらした。本作は、1960年代にニューヨーク・マンハッタンのチェルシーホテルに集まったアーティスト・コミュニティの一員として在り、多数の作品を生み出していた一時期を追いかけた一冊。さらに、1973年に発表された『The Charles James Approach to Structural Design』の初めての復刻版も本作中に収録。教科書のスタイルを模して書かれた本文では、その仕様に従ってカスタマイズしたマネキンの制作過程を紹介する。このマネキンは、現代における女性の身体の過度な理想化を意識的に否定している。

The British American designer Charles James (1906 – 1978), “America’s First Couturier”, is known for the extraordinarily elegant evening gowns he created in the 1930s. But even then he was already designing unisex styles, like the famous eiderdown jackets which enjoyed a revival in New York in the 1970s. James is regarded as a visionary thinker in the world of fashion, into which he introduced lasting innovations in terms of both technique and methodology. This publication examines his productive life in the Chelsea Hotel artist community of the 1960s, and his 1973 book The Charles James Approach to Structural Design is presented for the first time in facsimile. In a chapter written in the style of a textbook, the editors showcase the construction of an individually customized tailor’s dummy made according to James’s specifications―a bust that consciously repudiates the modern over-idealization of the female body.

by Charles James , Dorothea Mink , Homer Layne

REGULAR PRICE ¥9,800

softcover
412 pages
225 x 295 mm    
color, black and white
2019

published by SPECTOR BOOKS