BILDER 2005-2016 by Fabian Marti

スイス人アーティスト、ファビアン・マルティ(Fabian Marti)の作品集。本書は作者の視覚の世界を行く旅である。宇宙を思わせるモノクロの景色に、時々登場する色がアクセントを添えている。乳白色の水晶、岩の洞窟の灰褐色、柱が立ち並ぶギリシャの遺跡の砂のような淡いベージュ。錬金術的なフォトグラムのプロセスの副産物としての色。形は奇抜だが見覚えのあるものばかり。作者はシンボルを再解釈し、近代以降の文化的な歴史を再考する。過去と現在が一斉に溶け合う時間の中を行く旅なのである。デジタルとアナログが一体化し、キノコ、石、トーストに両手とスキャンされた物体が姿を現す。どこから見つけてきた写真を加工したものもある。本書は薬物や形が引き起こす変性意識状態をテーマとする。精神的な物の見方や神秘的な体験と、これらに対する反証についての本である。暗く悲しいものでも、重苦しくもないが、瞑想的で意識は冴えわたっている。イエスとノーの間を振り子のように揺れ動いているようでもある。エリック・デイヴィス(Erik Davis)とアイルランド人フォトグラファーであるポール・J・エニス(Paul J. Ennis)のエッセイを収録。2016年度『Most beautiful Swiss books』賞受賞作。

This book is a trip. A trip through the visual realms of the artist Fabian Marti. Its prevailing cosmic black is subtly accentuated now and then by color: the milky white of mountain crystal, the raw dun of rock caves, the sandy beige of pillared Greek ruins. Or color as a by-product of alchemistic photogram processes. The shapes are original and familiar. Marti reinterprets symbols and reviews the cultural history of modernity and beyond. A journey through time as past and present blend in simultaneity. Digital and analog united. Scanned objects revealed: mushrooms, stones, toast, a pair of hands. And modified pictures from outside sources. This is a book about altered states of consciousness triggered by substances and shapes. It’s about spiritual views and mystical experiences – and their negation. Not somber, not sad, not heavy, but contemplative and awake. An oscillation between yes and no. The picture section is rounded out by essays by Erik Davis and by Irish philosopher Paul J. Ennis. Most beautiful Swiss books, 2016

by Fabian Marti

REGULAR PRICE ¥6,500

hardcover

224 pages
210 x 315 mm
color
2016

published by EDITION PATRICK FREY