THE FACIT MODEL - GLOBALISM, LOCALISM, IDENTITY by Our Polite Society

スウェーデンの事務機器の製造業者「ファシット(FACIT)」に関する作品集。オランダ・アムステルダムとスウェーデン・ストックホルムを拠点として活動するデザインスタジオ「Our Polite Society」による編集。ファシットというブランドはスウェーデンにおいてIBMやOlivettiと同様に有名である。オートヴィーダベリを拠点とし、1922年から1998年まで計算機、タイプライター、オフィス家具などを生産していた。1970年代になると家族経営の地域の会社から世界的なマニュファクチュラーの一つに数えらえるまでに成長した。同社がスポンサーを務めたサッカーチーム、オートヴィーダベリFF(ÅFF)はスウェーデンびプロサッカー1部リーグでプレイしていたほどであった。しかしそれから数年のうちに、ファシットは世界的な資本主義の波にのまれて消えてしまった。本書は、ファシットの社内印刷部門が製作した資料を通じ、商業的なモダニズムから派生したこの奇妙な成果について考察する。ファシットが開発したフォント、マニュアル、宣伝用のパンフレット、商品カタログなどは、今日の仕事中心の世界に慣れ親しんでいる私たちにとって見覚えのある記号や形式の多くを生み出し、定義づけた一つの文化の証人である。本書は「Our Polite Society」がFACIT ABのアーカイブを用いて行ったヴィジュアルリサーチの記録である。また同名の展覧会が2019年4月にオランダ・アムステルダムのfanfareで、また7月から9月までスウェーデン・オートヴィーダベリのFACIT美術館で開催された。

In Sweden, the FACIT brand is as well-known as IBM or Olivetti. Based in Åtvidaberg, the company produced mechanical calculators, typewriters, and office furniture in the period between 1922 and 1998. By the 1970s the company had grown from a local family business into one of the world’s leading manufacturers. The company-sponsored football team ÅFF was playing in the first division. A few years later the FACIT organisation had disappeared―worn down by global capitalism. The FACIT Model looks at this peculiar outgrowth of corporate modernism through the printed matter produced in FACIT’s inhouse print shops. Type specimens, manuals, advertising leaflets, and product catalogues bear witness to a culture in which many of the codes and forms familiar to us from today’s world of work were defined or invented. The FACIT Model documents the visual research carried out by Our Polite Society in the archives of FACIT AB. The FACIT Model, fanfare, Amsterdam, from 6 to 22 April 2019 and at the FACIT Museum, Åtvidaberg, from 1 July to 29 September.

by Our Polite Society

REGULAR PRICE ¥5,400

softcover
224 pages
210 x 295 mm    
color, black and white
2019

published by SPECTOR BOOKS