NEUTRA VDL by Shio Kusaka

日本人アーティスト、シオ・クサカ(日下翅央 / Shio Kusaka)の作品集。本書は、2020年にカリフォルニア州ロサンゼルス、シルバーレイク地区にあるリチャード・ノイトラ(Richard Neutra)の歴史的建造物「VDLリサーチハウス(V.D.L. Research house)」で開催された展覧会に伴い刊行、展示はキュレーターであるダグラス・フォーグル(Douglas Fogle)とハネケ・スケラート(Hanneke Skerath)によって企画された。

ノイトラの特徴的な建築空間であるロサンゼルスの自宅兼仕事場に作者が呼応し、ミッドセンチュリー・モダンの象徴であるこの住宅を、作者のトレードマークである一風変わったな陶芸作品、小さな動物たちの彫刻、新しい食器類や手作業でデザインしたテキスタイルなどを用い、密やかに飾りつけた。過去20年間の大半をロサンゼルスで制作をしながら過ごし、作者は陶芸の世界と現代美術の世界を巧みに融合し変化を与えてきた。陶芸の不完全性や不規則性を積極的に取り込んだその作品は、控えめながらも軽快な皮肉がきいており、遊びのある柔軟性が表れている。

不規則性に鋭く注目し、手作業による不完全さを取り入れた作者の作品と、心理的かつ環境学的視点から近代建築による心の安らぎを与える効果を説いたノイトラの作品は、すばらしく調和している。2つの違った、しかしどこかで繋がっている手法によって、このアーティストと建築家は、人間性の脆さと、我々の人生に喜びを与えられるモノの力を受け入れ、表現している。飾られた作者の壺や他の作品群は、無口ではあるが、ひっそりとなにかを喋りかけてくるようで、かつて様々なアーティストや建築家、作家、映画制作者や音楽家たちが訪れた全盛期の頃のノイトラ「VDLリサーチハウス」を思わせる。テキストはダグラス・フォーグル、ハネケ・スケラートが寄稿。

This catalogue was published alongside Shio Kusaka’s 2020 exhibition at the historic Neutra VDL Studio and Residences in Silver Lake, Los Angeles, CA, curated by Douglas Fogle and Hanneke Skerath. Responding to the unique architectural environment of Richard Neutra’s Los Angeles home and workspace, Kusaka quietly populated this iconic example of domestic mid-century modernism with her signature idiosyncratic ceramic vessels, small sculptures of animals, a new set of dinnerware and hand-crafted textile designs. Living and working in Los Angeles for the better part of the past two decades, Kusaka has spent her career subtly subverting the world of ceramics within the field of contemporary art. Enthusiastically embracing imperfections and irregularity in her ceramic-based works, Kusaka has approached her practice with a playful openness that is at once modest yet laced with wry humor.

Kusaka’s work, with its exquisite attention to the irregular and embrace of the fallibility of the human hand, is an incredible match for the architecture of Richard Neutra who preached about the therapeutic qualities of modern architecture from a psychological and environmental point of view. In different but related ways, both artist and architect embrace the fragility of the human condition and the power of objects to make our lives more joyful. Although mute, her pots and other interventions generate a kind of silent indistinct chatter that harkens back to the heyday of Neutra’s VDL house when it played host to a wide array of artists, architects, writers, filmmakers and musicians.

With a text by Douglas Fogle and Hanneke Skerath. Designed by Purtill Family Business.

by Shio Kusaka

REGULAR PRICE ¥5,500  (tax incl.)

softcover
48 pages
241 x 330 mm
color, black and white
2021

published by BLUM & POE