LE CORBUSIER – PIERRE JEANNERET CHANDIGARH, INDIA by Le Corbusier, Pierre Jeanneret

スイス人建築家、ル・コルビュジエ(Le Corbusier)とピエール・ジャンヌレ(Pierre Jeanneret)の作品集。20世紀の建築・デザイン史において、その建築と家具が極めて重要であると位置付けられるているチャンディーガルの都市計画に関する包括的な1冊である。

インドが独立を獲得した直後の1947年、当時の首相ネルーは国全体で大規模な近代化計画に着手した。チャンディーガルがパンジャーブ州の州都に制定されたことで、チャンディーガル都市計画は特筆して重要な意味をもつこととなった。

コルビュジエとジャンヌレは1951年に初めてチャンディーガルを訪れた。都市計画についてネルーの与えた指示はたった一つ、「表現豊かで、実験的、そして伝統に屈しない」というもの。ネルーが望んだ通り、チャンディーガルは独創的で都市的な取り組みを元に生まれ、「住む」「働く」「レジャー」が街に配置されたセクターの中でそれぞれ完結するという全体的なアプローチを採用し、インド近代化のシンボルとなった。

2006年にニューヨークの「ソナベンドギャラリー(Sonnabend Gallery)」にて開催した展覧会「Le Corbusier & Pierre Jeanneret, Chandigarh, India」を経て、本書はチャンディーガルの都市計画の1951年から1966年までの歴史を432ページにわたって扱い、より広い視野でこのプロジェクトを考察する。25年以上に渡ってコルビュジエとジャンヌレの作品を扱ってきたパリの「パトリック・セガン・ギャラリー(Galerie Patrick Seguin)」が本書を刊行。

当時から現在に至るまでに撮影された写真を収録し、この計画における建築事業、家具制作の重要性を記録した。また建築写真の巨匠であるルシアン・エルヴェ(Lucien Hervé)がチャンディーガルを初めて訪れた際に撮影した写真の多くも一章にわたり収録する。

EXHIBITION:

ジャン・プルーヴェ展 椅子から建築まで
会期:2022年7月16日(土) - 2022年10月16日(日) 月曜休館(7月18日、9月19日、10月10日を除く)、7月19日(火)、9月20日(火)、10月11日(火)
時間:10:00-18:00
開催場所:東京都現代美術館 企画展示室 1F/地下2F
詳細

The Galerie Patrick Seguin, specializing in furniture and architecture of the 20th century, is pleased to announce a new publication: Le Corbusier–Pierre Jeanneret, Chandigarh, India.

This comprehensive work is dedicated to the massive Chandigarh project, of which the architecture and furniture are considered today as essential in the history of 20th century architecture and design.

In 1947, shortly after India gained independence, the Prime Minister Nehru initiated a vast plan of modernization throughout the country. Chandigarh became the adminstrative capital of the province Punjab, giving this project particular significance.

Le Corbusier and Pierre Jeanneret visited the city for the first time in 1951. The sole instruction given by Nehru was to be « expressive, experimental and to not let themselves be hindered by tradition ». Chandigarh originated in a unique urbanistic global approach, and would be, as Nehru wished, a symbol of modernity.

For more than twenty five years the Galerie Patrick Seguin has been dedicated to the works of Le Corbusier and Pierre Jeanneret. During a visit to India at the end of the 1990’s, Patrick was charmed by Chandigarh and its architecture.
After presenting an important exhibition entitled «Le Corbusier & Pierre Jeanneret, Chandigarh, India», at the Sonnabend Gallery in New York in 2006, the Galerie Patrick Seguin would now like to give a more extensive view of the project with the 432 pages of this bilingual work that retraces history from 1951 to 1966.

Illustrated with photographs dating from the time period to the present, this book documents both the architectural project and the importance of the production of furniture.
A chapter is dedicated to the work of Lucien Hervé, the master photographer of architecture, who took many photographs during his trips to Chandigarh.

by Le Corbusier , Pierre Jeanneret

REGULAR PRICE ¥29,700  (tax incl.)

hardcover
432 page
249 x 295 mm
color, black and white
2014

published by GALERIE PATRICK SEGUIN