HOW TO CONSTRUCT RIETVELD FURNITURE by Peter Drijver, Johannes Niemeijer

オランダ人建築家、デザイナーであるヘリット・リートフェルト(Gerrit Rietveld)の作品集。作者がデザインした家具から、最も有名かつ作者らしい作品を細部まで正確に記録した1冊。各作品の設計図、寸法、詳細なドローイング、材料リスト、組み立て手順、歴史的な情報が網羅されている。

1986年版から大幅に拡大された今回の新版では、新たに12点の家具が追加され、合計35点を収録。有名であるが複雑なキャビネット「buffet」(1919)など、原書にはない「ハイライト」に加え、自身が考案した「自分で作れる家具(furniture you can make yourself)」シリーズの一部など、それほど知られていない作品も追加されている。

本書の登場によって、かの有名な「レッド&ブルーチェア」をはじめとする様々な椅子、サイドテーブル、本棚、子供用家具、ベンチ、ランプ、机、スタッキングキャビネットまでがDIYで制作できるようになった。

作者がデザインした家具を自分で組み立ててみると、最も小さな取っ手から完成品の彫刻的な質に至るまで、そのバランス、安定性、接合のワザ、組み立て順序を通じて、これらの家具を作った時と同じく、家具を作り、それを使い、鑑賞するという3つの行為が相互に関係していることを実感できる。

収録作品: レッド&ブルーチェア(1918)、サイドボード(1919)、ベビーチェア(1919)、デ・リフト・ダイニングルームチェア、ベビーチェア(1920/1921)、ハルトフ・ファイリングキャビネット(1922)、子供用手押し車(1923)、ベルリンチェア(1923)、エンドテーブル(1923)、ミリタリースツール(1923)、ミリタリーテーブル(1923)、ビーチバギー(1923)、ハンギングランプ(1924)、テーブルランプ(1925)、スタッキングキャビネット(1925)、ハンギング・グラスキャビネット(1926)、チューブラー・スチールチェア(1927)、ベンチ(1930)、ローバックチェア(1920)、ハイバックチェア(1930)、スロープバックチェア(1930)、スモールテーブル(1930)、ローテーブル(1930)、Metz & Coデスク (1931)、ジグザグチェア(1932)、ジグザグチェア(クッション付)(1932)、クレート家具(1934-1935)、ガーデンベンチ(1936)、ガラストップテーブル(1946)、クロージングラック(1957)、セルトマン・チェア(1963)


The book 'How to construct Rietveld furniture' documents the best known and most typical furniture designs by Gerrit Rietveld down the smallest detail. The book contains working plans, measurements, detail drawings, lists of materials and instructions for the assembly of each piece, as well as historical information about each one.

This new edition is considerably expanded from the 1986 edition. Twelve items of furniture have been added, so that there are now in total thirty five. In addition to 'highlights' that were not in the original edition, such as the famous but complicated 1919 buffet, less well-known items have also been added, including several pieces from Rietveld's own 'furniture you can make yourself' series.

This book makes a wide range of Rietveld furniture available for the home constructor, including various chairs (of course including the famous Red-Blue), tables and side tables, bookcases, children's furniture, benches, lamps, desks and a stacking sectional cabinet.

In constructing Rietveld's furniture designs for yourself, one moves through the proportions, stability, joining techniques and assembly order from the smallest knob to the sculptural qualities of the ultimate furniture, in the same way that making, sitting in and looking at furniture were linked with each other when Rietveld made them.

The furniture featured in the book are: Red-Blue Chair (1918), Buffet (1919), Baby Chair (1919), De Ligt Dining Room Chair, Baby Chair (1920/1921), Hartog Filing Cabinet (1922), Child's Wheelbarrow (1923), Berlin Chair (1923), End Table (1923), Military Stool (1923), Military Table (1923), Beach Buggy (1923), Hanging Lamp (1924), Table Lamp (1925), Stacking Cabinet (1925), Hanging Glass Cabinet (1926), Tubular Steel Chair (1927), Bench (1930), Chair with low back (1920), Chair with high back (1930), Chair with sloping back (1930), Small Table (1930), Low Table (1930), Desk Metz & Co. (1931), Zigzag Chair (1932), Zigzag Chair (wich cusion) (1932), Crate Furniture (1934-1935), Garden Bench (1936), Glass-topped Table (1946), Clothing Rack (1957), Seltman Chair (1963)

by Gerrit Rietveld , Johannes Niemeijer , Peter Drijver

REGULAR PRICE ¥5,060  (tax incl.)

softcover
128 pages
200 x 245 mm    
color, black and white
2002 (2021)

published by UITGEVERIJ THOTH