HARD COPY, SOFT COPY by Walter F. Haettenschweiler

スイス人書体デザイナー、ヴァルター・ヘッテンシュヴァイラー(Walter F. Haettenschweiler)の作品集。2022年10月から2023年2月まで「チューリッヒデザイン美術館(Museum für Gestaltung Zürich)」で開催された作者の回顧展に伴い刊行された。

作者が手がけたフォントである、「シュマールフェット・グロテスク(Schmalfette Grotesk)」を用いたアナログの印刷物からデジタル作品に至るまで、その出版と普及、受容の変遷の軌跡を、フォントが生まれた1950年代から現代まで追う。

膨大なデジタル・コレクションから視覚的な遺産を発掘するため、美術館でのテキストベースの検索方法から、機械学習(ML)による画像ベースのアプローチへと本リサーチは移行していっている。

HARD COPY, SOFT COPY
maps the shift in publishing, dissemination, and reception, from print to digital, mirrored in the trajectory of the typeface ‘Schmalfette Grotesk’ by Swiss designer Walter F. Haettenschweiler from the 1950s up to today.

This research project moves from museums’ text-based search methods to a machine-learning image-centric approach to uncover visual artifacts from vast digital collections.

HARD COPY, SOFT COPY, resulting from a research project (2021-2024) undertaken by Marietta Eugster and Andreas Koller, was published in conjunction with the Haettenschweiler retrospective at Museum für Gestaltung Zürich, October 2022 to February 2023.

by Walter F. Haettenschweiler

REGULAR PRICE ¥8,250  (tax incl.)

softcover
232 pages
300 x 210 mm
color, black and white
2024

published by MAXITYPE