EXPLORISO Low-tech Fine Art. Risografie as an artistiv Process. Discovered #2 by Sven Tillack

ドイツ人グラフィックデザイナー、スヴェン・ティラック(Sven Tillack)による、孔版印刷機の原理を生かしたデジタル印刷機「リソグラフ」に関する一冊。今から15年ほど前、小さなインディペンデント系出版社が雨後の筍のように登場し、リソグラフのリバイバルが起きた。お金をかけず、大きな出版社からの制約を受けずに少部数の印刷物を制作するために、世界中のアーティストやデザイナーがスタジオに「リソ(RISO)」プリンターを設置したものだった。 ラテンアメリカの小規模出版者は、低コストを理由に今でも主にリソグラフを使って印刷している。原始的な孔版印刷のプロセスによって幅広い色を表現できるだけでなく、スポットカラーや孔(あな)の大きなマスターを使うことによって生まれる面白い視覚効果によって手作り感を演出することもできる。 リソグラフの色、紙、ファイルの準備、印刷、加工などの要素がよくわかる1冊。本書は「Discovered」シリーズ第二巻として刊行された。2冊組。

The establishment of a large number of small independent publishing houses fifteen years ago led to a revival of risography. Artists and designers from all over the world have installed a “Riso” in their studios to produce small print runs inexpensively and independently of large printing houses. Smaller publishers in Latin America still print exclusively on the Risograph on grounds of cost. The primitive stencil printing process has a huge colour spectrum and creates an interesting optical effect by means of spot colours and coarse screening, which gives the result a homemade look. In the book, factors like colour, paper, file preparation, printing, and processing are explained. Exploriso appears in the first year of the Discovered series.

by Sven Tillack

REGULAR PRICE ¥5,280  (tax incl.)

softcover
214 pages
172 x 240 mm
color, black and white
2021

published by SPECTOR BOOKS