DON'T TAKE THESE DRAWINGS SERIOUSLY 1981-1987 by Nathalie Du Pasquier

イタリアを拠点として活動するフランス人アーティスト、ナタリー・ドゥ・パスキエ(Nathalie du Pasquier)の作品集。作者は、1979年にミラノで夫のジョージ・ソウデン(George Sowden)と出会ったことをきっかけに絵を描き始めた。そこからデザインの世界に入り、1981年にはポストモダンデザインを象徴するムーブメント「メンフィス」の創設に関わった。1981年から1987年の間はドローイングに専念し、ジュエリーのようにとても小さなものから都市の全体像まで、全く新しい現代的な世界を日々描いていた。想像の中にだけ存在していたこの世界は、やがて作品となり、最終的にはメンフィスの展覧会で発表された。この時期のドローイングの一部は、未発表のまま30年以上もの間作者のスタジオの引き出しにしまい込まれていた。本書はその全てを網羅し、各章に作者の文章を添えた決定版ともいえる比類なき一冊である。インテリア雑誌「apartamento」の共同創始者であるオマール・ソーサ(Omar Sosa)が編集とデザインを手掛けた本作は、モダンデザインにおける重要な一時期を記録しており、これからの世代にとって素晴らしい参考書となるであろう。

Nathalie Du Pasquier started drawing as soon as she met her husband George Sowden in 1979 in Milan. She was introduced to the world of design and shortly after, in 1981, became a founding member of the iconic postmodern design movement Memphis. From 1981 to 1987 she didn’t stop drawing. Every day she would draw a whole new modern world, from very small items like jewelry to entire cities. This world only existed in her head but would eventually be developed into real pieces for the Memphis exhibitions. This unique book is the first and definitive compilation of all the unpublished drawings from those years, which had been sitting in the drawers of Nathalie’s studio for over 30 years. Organized by the smallest objects to the biggest and divided into chapters, each with a text by Nathalie, it has been carefully edited and designed by Apartamento magazine’s co-founder Omar Sosa together with Nathalie Du Pasquier. Don’t Take These Drawings Seriously is an excellent reference for future generations and a welcome document of an important period in modern design.

by Nathalie Du Pasquier

REGULAR PRICE ¥9,800

hardcover
320 pages
198 x 284 mm    
color
2015

published by POWERHOUSE BOOKS