BOTTLE JOE by Jérémy Laffon & Elvia Teots

フランス人アーティスト、ジェレミー・ラフォン(Jérémy Laffon)とルヴィア・テオツキー(Elvia Teotski)の作品集。カナダのケベック州サン=ジャン=ポール=ジョリの「Est-Nord-Est」でアーティスト・イン・レジデンスに滞在していた間、作者らは、誰かが住んでいるように見える小屋を見つけた。しかし、そこに住んでいるはずの「Bottle Joe」の痕跡はどこにも見つからなかった。2人はこの建物を調べはじめ、置き去りにされた家具を補強するために彫刻的でありながら実用的でもある木製の装置をいくつも作った。酔ってが徘徊しながら撮影したような写真と、「Joe」という謎に包まれた人物の視点から書かれたテキストを通じて、ズームインとズームアウトを繰り返しながらこの建物とその周辺の環境を見つめ、この場所とそこに住んでいた人を一時的ではあるが不朽のものとして讃えている。

During their residency at Est-Nord-Est in Saint-Port-Joli, Quebec, Elvia Teotski and Jérémy Laffon stumble upon a small shed that seems inhabited but find no trace of its resident Bottle Joe. The artists start to investigate the building and create a series of sculptural yet functional wooden prostheses for its abandoned furniture. Through a drunk photographic journey and a series texts written from the perspective of the mysterious Joe, the publication keeps on zooming in and out of the building and its surrounding environment to account of the temporary monumentalisation of the place and its former inhabitant.

by Jérémy Laffon

REGULAR PRICE ¥3,600

softcover
160 pages
180 x 260 mm    
color
limited edition of 500 copies
2020

published by BUILDING FICTIONS