BEASTS by Sam Chermayeff

ベルリンとニューヨークを拠点として活動する建築家、サム・シャーメイエフ(Sam Chermayeff)の作品集。2020年に刊行された前作『SAM CHERMAYEFF [ET AL.]: CREATURES』に続く、作者が手がけた家具の作品群を収録。椅子が傘立てに、クローゼットが座るための場所に、はたまたメイクやタバコを吸う場所となったり、「ビースト(獣)」は、基本的にそのものが持つ性質や特徴を、積極的に融合させている。作者の作る作品は単なる道具ではなく、日常生活における「ミザンセーヌ(舞台演出)」であり、作品そのものと、それぞれの間に生まれる空間を通じ、我々との作品が生む相互作用を演出している。

本シリーズには主に亜鉛系メッキ鋼と鏡面材が用いられていることから、本書は光沢のある紙に印刷されており、インデックスにはメタリックのスタンプが施され、付属の小冊子はPVCのカバーで包まれている。

建築家であり編集者のジャック・セルフ(Jack Self)による序文では、自身が作者の作品へ抱く情熱を著し、あわせて、キュレーターのアレクサンドラ・カニンガム・キャメロンによる作者へのインタビューでは、本シリーズの背景にあるアイデアや、デザインや建築での活動における哲学について語る。フォトグラファーのイエルーン・ヴェレヒト(Jeroen Verrecht)により撮影されたバルセロナの街角と「サイドギャラリー」でのインスタレーションのイメージも収録。

Sam Chermayeff: Beasts presents the latest furniture collection by the Berlin- based architect and designer, following his previous project-turned-book, Creatures (Apartamento Publishing, 2020). These ‘beasts’ actively merge typologies: a chair becomes the base of an umbrella; a closet becomes a place to sit, apply make-up or smoke a cigarette. Chermayeff’s objects are not just tools, they are a mise-en-scène for everyday life, staging our interactions through the pieces themselves and the space created in- between.

The series, built primarily from galvanised steel and mirrored surfaces, is printed on glossy paper, with metallic stamping throughout the design index, a separate booklet inserted within the PVC dust jacket. Architect and editor Jack Self provides an introduction to the book as he dissects his own love for these objects, while the curator Alexandra Cunningham Cameron provides an extended interview with Chermayeff on the ideas behind Beasts and the philosophy of his wider design and architecture practice. Photos were shot by Jeroen Verrecht both on the streets of Barcelona and as an installation at Side Gallery.

by Sam Chermayeff

REGULAR PRICE ¥5,500  (tax incl.)

softcover with PVC dust jacket
64 + 12 page index
180 x 300 mm
color, black and white
2022

published by APARTAMENTO