ALIEN DIARIES by H.R.Giger

スイス人アーティスト、H・R・ギーガー(H. R. Giger)の作品集。作者は1978年2月から11月にかけてロンドン近郊の映画スタジオ「シェパートン・スタジオ(Shepperton Studios)」で、リドリー・スコット(Ridley Scott)監督の『エイリアン』(1979)のフィギュアと映画セットの制作にあたった。映画は世界的な大ヒットを記録し、作者はオスカー賞を受賞した。その当時の日記を複製、書籍化した本書には、このスタジオで行われた制作の様子が詳しく描かれている。作者は書き、スケッチをし、ポラロイドカメラ「SX-70」で写真を撮った。極端なまでの誠実さと辛辣さ、時には絶望に満ちた作者の言葉とイメージは、「ケチなプロデューサー」や「怠け者のスタッフ」などといった映画業界で働くことのリアリティと、自身のデザインが現実のものとなっていく過程を見るために、作者がどのようにして困難な状況を克服していったのかを提示している。ドイツ語で書かれたものを英語に翻訳した本書からは、アーティスト『H・R・ギーガー』のあまり知られていない人柄をうかがうことができる。また、スイス人アーティストという独自の視点からも、歴史的名作映画の制作の現場を細やかに描き出している。ドローイング、モンスターが作り上げられる過程を撮ったポラロイド写真、作者がシェパートン・スタジオで撮影した幾つものフィルムから撮ったスチル写真を含むほぼ未発表の資料を多数収録している。

HR Giger worked in the Shepperton Studios near London from February to November 1978, creating the figures and sets for the film Alien (1979) directed by Ridley Scott. The film became an international success, earning Giger an Oscar. In the transcribed Alien Diaries, published here for the first time as a facsimile, HR Giger describes his work in the studios. He writes, sketches, and takes photographs with his Polaroid SX70. With brutal honesty, sarcasm and occasional despair, Giger describes what it is like working for the film industry and how he struggles against all odds ― be it the stinginess of producers or the sluggishness of his staff ― to see his designs become reality. The Alien Diaries (in German transcription with an English translation) show a little-known personal side of the artist HR Giger and offer an unusual, detailed glimpse into the making of a movie classic through the eyes of a Swiss artist. The book contains almost completely unpublished material, including drawings, Polaroids showing the monster coming to life, and several still shots from the plentiful film material that Giger took in Shepperton.

by H. R. Giger

REGULAR PRICE ¥12,000

hardcover
660 pages
130 x 235 mm
color, black and white
2014

published by EDITION PATRICK FREY