THE ORDINARY? by Leandro Erlich

アルゼンチン人アーティスト、レアンドロ・エルリッヒ(Leandro Erlich)の作品集(邦題「ありきたりの?」)。作者は階段やエレベーターといった誰もが共有できる日常的な事物を素材に、人々の現実認識に変容をもたらす作品を数多く発表してきている。ごくありきたりのものに未知の新しい要素が加わることで、我々の感覚は揺さぶられ、驚きと悦びを与えてくれる。その作品はどれも親しみやすく、ユーモラスであり、鑑賞者の自然な参加を促している。本書は2014年に金沢21世紀美術館で開催された初の大規模個展「レアンドロ・エルリッヒ ―ありきたりの?」に伴い刊行された一冊。恒久設置作品『スイミング・プール』と展示室内の風景写真を巻頭45ページにわたって掲載。テキストは完全日英バイリンガルであり、作者本人へのインタビューと、3本の書き下ろしテキストで構成される。後半は展示以外の主要作品の図版と解説(約100ページ)、巻末にはドローイングと作家歴を収載。本書は、作者の作品集の中で、最も包括的な一冊と言える。

書き下ろしテキスト: 黒澤浩美(金沢21世紀美術館チーフ・キュレーター)「新しい世界の作り手―レアンドロ・エルリッヒ」 / ニコラ・ブリオー(パリ国立美術大学ディレクター / 美術評論家)「虚偽・架空」 / 塩塚秀一郎(京都大学大学院人間・環境学研究科准教授 / フランス文学・文化)「知覚の転換をめぐる冒険:エルリッヒとぺレック

Leandro Erlich (born in Buenos Aires in 1973; resides in Montevideo) presents works which create changes in our perception of reality through objects and actions everyone can share. Taking something ordinary into the extraordinary condition in combination with new and unknown elements, his works stimulate the viewer’s sense and give them surprise and pleasure. His works have approachability and humor, and encourage us to participate in the works. He is a very special artist to the 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa. His The Swimming Pool, a work familiar to many as “Leandro’s Pool,” has played a particularly large role at this museum, which was designed by SANAA. This exhibition is Erlich’s first solo exhibition in Japan. This catalogue documents all of exhibited works and other selected works.

Contents: Interview with Leandro Erlich / Hiromi Kurosawa “Creator of New Worlds – Leandro Erlich” / Nicolas Bourriaud “Fictitious Artifice” / Shuichiro Shiotsuka “An Adventure in Transforming Perceptions: Erlich and Perec”

by Leandro Erlich

REGULAR PRICE ¥5,500

hardcover
200 pages
224 x 296 mm
color
2014

published by MY BOOK SERVICE