SUOMI FINLAND PASSI PASS PASSPORT by Lawrence Weiner

アメリカ人コンセプチュアルアーティスト、ローレンス・ウェイナー(Lawrence Weiner)の作品集。デザインやアートオブジェクトとしてのパスポートは、コンテンポラリーアートの歴史の中で愛されてきた小道具である。作者が「Three Star Books」のために制作したモンタージュは、特に痛烈な作品となっている。テキストと抽象的なビジュアル要素で構成された『Suomi Finland Passi Pass Passport』は、作者の論理を作品にしたセルフポートレイトであり、言葉の手がかりと視覚的な手がかりが平衡して泳ぎ、テキストとイメージが一体化している。元々はチリ人アーティスト、アルフレド・ジャー(Alfredo Jaar)の作品「Suomi Finland」のパスポートに描かれていたが、ウェイナーは旅のメモ帳として複製した。なお、この白紙のパスポートは、1995年にヘルシンキ現代美術館で行われたジャーのインスタレーション「One Million Finnish Passports」の後、ジャーから作者に贈られたものである。

The passport as design and art object is a beloved prop in the annals of contemporary art. In the case of Lawrence Weiner’s identi-kit for Three Star Books, we have a particularly poignant version. Composed of texts and abstract visual elements, “Suomi Finland Passi Pass Passport” is a self-portrait of Weiner’s logic in the form of an artwork. Verbal and visual cues swim in equilibrium, with text and image becoming one and the same. Originally drawn in a blank Alfredo Jaar’s Suomi Finland passport this edition is the facsimile of a travelling note book by Lawrence Weiner. Note that the blank passport was given to Weiner by Alfredo Jaar after Jaar’s installation of “One Million Finnish Passports,” at the Museum of Contemporary Art, Helsinki in 1995.

by Lawrence Weiner

REGULAR PRICE ¥7,700  (tax incl.)

softcover
36 pages
100 x 135 mm
color, black and white
limited edition of 450 copies
2021

published by ONE STAR PRESS

published by THREE STAR BOOKS