SONGS BUILD LITTLE ROOMS IN TIME by Friedrich Kunath

ロサンゼルスを拠点とするアーティスト、フリードリッヒ・クナス(Friedrich Kunath)の作品集。本作は、音楽家であり作家、また作者の友人でもある故 デヴィッド・バーマン(David Berman)と続けてきたコラボレーションから生まれた一冊。2012年ごろ、2人は作品集『You Owe Me a Feeling』(2012, BLUM & POE刊)の制作に積極的に取りかかっていた。バーマンは作者にノートを渡し、そこから作者は完成した作品に添えるテキストを導き出していた。数年後、バーマンが10年ぶりに再び音楽の世界に足を踏み入れようともがいていた時、その作品集に自身の歌詞が使われていたことに気がついた。その発見から2人の間で歌詞の転載の合理性について議論が交わされ、バーマン側の対立意見も生じたのち、最終的に2人の間で見せたいもの、伝えたいことを見出し、協力して制作するという理解に至った。

結果コラボレーションはうまくいき、作者は十分すぎるほどの素材をバーマンより得た末、自然界の外へとその表現を広げていく制作作業に没頭した。バーマンが急死した時、その作品は制作の最終段階にあった。バーマンの最後の曲が何かを伝えているかのように、絵は物悲しい雰囲気を纏っていた。しかし、2人が作品に対して共通して持つ遊び心や、退屈な心を突き破っていくような発見を魅せるロマンがそこには確かに存在する。

本書は、2019年にシカゴの「Soccer Club Club」で開催された展覧会に伴い、アメリカのギャラリー「BLUM & POE」とインディペンデントレコードレーベル「Drag City」が共同で刊行。デザインは、2人の長年にわたる共通の友人であり、コラボレーターでもあるマイケル・シュメリング(Michael Schmelling)が手がけている。

記事:FRIEDRICH KUNATH | Songs Build Little Rooms In Time(ART/Them magazine)

This artists’ book is born of an ongoing collaboration between Friedrich Kunath and the late musician, writer, and friend David Berman. Around 2012, Berman and Kunath worked actively together on the book, You Owe Me a Feeling, with Berman providing notebooks to Kunath from which he derived text for the finished work. Several years later, as Berman was struggling to make sense in music again for the first time in a decade, he noted the use of his lyrics in a later collection of Kunath’s work. This discovery led to discussion between the two on the reasonable nature of such inclusion, developing from something that seemed almost antagonistic on Berman’s part into an eventual understanding: they would find things to show and tell between themselves and in the process, create a show in cooperation.

This alliance was successful—with more than enough material to work with, Kunath was deep in his process, relocating these expressions outside of their natural habitat. The painter was in the final stages of this work when Berman unexpectedly passed. The work is somber, as anything derived from the source material of Berman’s final songs might be—but the playfulness, the romance of sudden discovery penetrating ennui that is central to
both Kunath and Berman’s work is there as well.

Published on the occasion of Kunath’s 2019 exhibition at Soccer Club Club, Chicago, IL, presented by Blum & Poe in partnership with Drag City. Designed by longtime mutual friend and collaborator Michael Schmelling.

by Friedrich Kunath

REGULAR PRICE ¥7,150  (tax incl.)

hardcover
48 pages
235 x 273 mm
color, black and white
limited edition of 1,000 copies
2021

published by BLUM & POE