PAINTING by Anish Kapoor

インド出身のイギリス人現代彫刻家、アニッシュ・カプーア(Anish Kapoor)の作品集。作者の絵画作品のみを深く掘り下げたものとしては初となる、約400ページに及ぶ一冊。2010年代よりこの10年間で更に注目を集めるようになり、1970年代後半に作家活動を開始しして以来、作者の実践に不可欠であった言語に対するユニークな洞察を本書では見せている。抽象と具象の狭間に位置する作者の絵画作品は、世界的にも知られる代表的な彫刻作品群で探求されてきた、表層的なものを越えることに対する欲望があらわになっている。これらの作品では、イメージ、表面、空間、時間が、時に繊細であり、時に暴力的にシンメトリーで表現されている。

本書には、作者独自の視覚的表現の言語を共同作業によって形づくってきたフランス人哲学者のジュリア・クリステヴァ(Julia Kristeva)やインド人批評家・文学者のホミ・K・バーバ(Homi K. Bhabha)といった名だたる思想家たちによるエッセイを収録。これまでで最も大胆な作品群に至ったその軌跡を広範に紹介している。

Anish Kapoor Painting is the first publication to explore Kapoor's paintings in depth. It offers a unique insight into a language that has increasingly been a focus over the last ten years but has also been an integral part of his studio practice since his career began in the late seventies. In works that sit on the cusp between abstraction and figuration, Kapoor's paintings reveal the desire to go beyond the surface that has been so iconically explored in his better-known sculptural works. Recurring motifs are returned to time and again, rendered in paintings in which image, surface, space and time appear in sometimes delicate but often violent symmetry. With essays from such as vital voices as Julia Kristeva and Homi K.Bhabha, with whom the artist has collaborated in articulating his distinctive visual language, this extensive survey presents the trajectory that has led Anish Kapoor to his boldest and most startling body of work to date.

by Anish Kapoor

REGULAR PRICE ¥10,450  (tax incl.)

hardcover 
396 pages
220 x 290 mm
color, black and white
2022

published by WALTHER KÖNIG