NO THANKS, I'M JUST LOOKING by Lisa Sudhibhasilp

アムステルダムを拠点に活動するフランス人アーティスト、リサ・スディバシルプ(Lisa Sudhibhasilp)の作品集。店舗のディスプレイに強く興味をひかれた作者は、ホームセンターで展覧会をしようと考えた。その場で即興的な彫刻作品を作りながら、既存のディスプレイの構造を自由に変え、展覧会という空間に置かれた芸術作品のように実用的な品物を鑑賞する場としてホームセンターを提案した。この一時的なインスタレーションと、店舗にもとからあった什器や家具などをドイツ人フォトグラファーのヨハネス・シュワルツ(Johannes Schwartz)が撮影し、店舗のポートレイトを作り上げた。このビジュアルジャーニーに付随して、ルディー・ゲジ(Rudy Guedj)が挿絵を描いた作者によるテキストを収録。逸話風のストーリーを通じ、作者のリサーチについて説明し、使用した素材や展覧会のデザインについて様々な情報を伝えている。アーティストブックと展覧会のカタログの間を揺れ動く本書は、この出来事について残っている唯一の記録でもある。

Born out of her fascination for shop displays, Lisa Sudhibhasilp imagined an exhibition in a hardware store. Improvising a series of sculptural interventions in situ, the artist played with existing display structures, proposing the hardware store as a place where the display of materiality can be contemplated like works of art in exhibition spaces. Photographer Johannes Schwartz documented the artist’s ephemeral installations and the existing fixtures and fittings, creating a portrait of the store. Accompanying the visual journey, a series of texts written by Sudhibhasilp, illustrated by Rudy Guedj, provides insight into her research through anecdotal stories and other miscellaneous facts on materials and exhibition design. Shifting between the form of the artist book and the exhibition catalogue “No thanks, I’m just looking” stands as the sole remaining document of the event.

by Lisa Sudhibhasilp

REGULAR PRICE ¥6,000

softcover
208 pages
230 x 340 mm    
color
limited edition of 500 copies
2020

published by BUILDING FICTIONS