MONADS AND DYADS by Julie Curtiss

ニューヨーク在住のフランス人アーティスト、ジュリー・カートス(Julie Curtiss)の作品集。2021年5月にロンドンで開催された同名の個展に伴い刊行された、作者にとって初めてのモノグラフ。絵画、紙に描いた作品、彫刻など、これまで制作した作品が網羅されている。

作者による視覚的言語は、18世紀から19世紀のフランス絵画、シカゴ・イマジズム、コミックやマンガ、イラストレーションに見られる「ポップ」なイメージなどを含む象徴的表現の歴史に基づいている。豊富な作品イメージと共に収録されているバラエティに富んだイメージの数々は、作品と合わせて考察することによって、その作品を形作る数多くの視覚的情報源に関する新しい洞察と理解をもたらしてくれる。

本書に収録されたエッセイの中で、キングス・カレッジ・ロンドンで映画学科の教鞭を取るエリカ・バルサム(Erika Balsom)は映画の黄金時代の枠組みにおいて作者の作品を考察し、フランスの「ヨーロッパ写真美術館 (Maison Européenne de la Photographie)」で館長を務めるサイモン・ベイカー(Simon Baker)は、この若き現代アーティストの作品におけるシュルレアリズムの役割に焦点を当てている。「White Cube」のミュージアム・リエゾン・ディレクターであるスサンナ・グリーヴス(Susanna Greeves)と作者との対談では、その独自の考え方や作品のインスピレーションを紹介している。作者自身との緊密な協力のもと、ロンドンを拠点とするスイス人デザイナー、マティアス・クロットゥ(Mathias Clottu)がブックデザインを担当。19世紀のフランスの出版物からインスピレーションを得た遊び心のあるデザインに仕上がっている。

プレオーダー *11月下旬入荷予定

Julie Curtiss’ first monograph is published to coincide with the artist’s solo exhibition in London, which opened to the public in May 2021. Titled ‘Monads and Dyads’ the book offers a comprehensive overview of Curtiss’ work to date, which includes paintings, works on paper and sculptures. Curtiss’ visual language draws on a history of figuration that includes 18th- and 19th-century French painting, as well as the Chicago Imagists and the ‘pop’ imagery of comic books, manga and illustration. This title, as well offering generous reproductions of her works, brings together a broad range of imagery that, when considered alongside her works, provides new insights and an understanding of the many visual sources that inform the work. An essay by Erika Balsom considers Curtiss’ work within a framework of the golden age of cinema alongside an essay by Simon Baker, which focuses on the role of surrealism in the work of this young contemporary artist. Finally, an in conversation with Susanna Greeves gives voice to the artist’s own thoughts and inspirations for the work.

Designed by London-based Swiss designer Mathias Clottu in close collaboration with the artist, the playful book design takes its inspiration from French publishing of the 19th century.

Contributors: Dr Simon Baker is Director of the Maison Européenne de la Photographie (MEP), Paris. Dr Erika Balsom is Reader in Film Studies at King’s College London. Susanna Greeves is Director, Museum Liaison, White Cube.

Available for pre-order now. *It will be shipped at the end of November

by Julie Curtiss

REGULAR PRICE ¥8,250  (tax incl.)

hardcover
128 pages
300 x 235 mm
color, black and white
2021

PRE-ORDER *SHIPPED IN LATE NOV

published by WHITE CUBE