INTERACTION OF ALBERS by Hans G. Conrad

スイス人フォトグラファー、ハンス・G・コンラッド(Hans G. Conrad)の作品集。教育者としてのヨゼフ・アルバース(Josef Albers)を詳しく知ることができる貴重な1冊。編集はデザイン理論家/デザイン史家のルネ・スピッツ(René Spitz)が手がける。

バウハウス、ブラック・マウンテン・カレッジ、イェール大学で行った伝説的な授業で知られるアルバースは、20世紀の芸術分野の教育者の中でも最も大きな影響力を誇った1人である。1953年から1955年にかけては、ドイツのウルム造形大学(HfG)で幾つかの基礎的なデザイン学科を教えていた。コンラッドは、当時ウルム造形大学の学生だった。講義の様子から生徒たちとの交流まで、幅広い場面を捉えた400枚を超える写真でアルバースの教えを詳しく記録した。これらの写真を一度に見ることができるのは本書が初めてとなる。この多数かつ貴重な写真に加え、アルバースが提示した「色の交流」という課題に対し、コンラッドが紙に描いた約80の作品が並置されている。

A rare and intimate portrait of Albers in the classroom. Legendary for his tenure at the Bauhaus, Black Mountain College and Yale, Josef Albers (1888–1976) was one of the most influential art educators of the 20th century. Between 1953 and 1955, Albers taught several preliminary design courses at the Ulm School of Design (HfG) in Germany. Swiss photographer Hans G. Conrad (born 1926), then a student at HfG, documented Albers’ teaching in an extensive series of over 400 photographs, depicting his lectures to and interactions with the students. These images are published here for the first time in their entirety. Juxtaposed with around 80 works on paper by Conrad from Albers’ exercise on “Interaction of Color,” they create a multifaceted and lively portrait of Albers in action teaching the fundamentals of art and design.

by Hans G. Conrad , Josef Albers

REGULAR PRICE ¥12,100  (tax incl.)

hardcover
304 pages
205 x 240 mm
color, black and white
2021

published by WALTHER KÖNIG