HOUSE OF CARD by Thomas Demand

ベルリンとロサンゼルスを拠点に活動するドイツ人アーティスト、トーマス・デマンド(Thomas Demand)の作品集。ベルギーの美術館「M Leuven」で2020年10月に開催された大規模個展に伴い刊行された。作者と建築との関係性、また15年間に渡る建築家たちとのコラボレーションに焦点を当てた1冊。本書の起点となる現在も継続中のシリーズ『Model Studies』では、「モデル」という概念そのものが重要な役割を持つ。また『Black Label』 (2009)、『Embassy』(2007)Nagelhaus』(2008)など、これまで展覧会で見る機会があまりなかったプロジェクトも多数収録。アダム・カルーソ(Adam Caruso / 建築家、チューリッヒ工科大学建築・建設学部教授)、マリステラ・キャシアトー(Maristella Casciato / ロサンゼルス・ゲッティ・リサーチ・インスティテュート建築部門キュレーター)、エミリー・ピュー(Emily Pugh / ロサンゼルス・ゲッティ・リサーチ・インスティテュート建築史家)、オードライン・デュリエール(Aude-Line Dulière / 建築家、ロンドン建築協会教授)、カレン・ファン・ゴッデンホーフェン(Karen Van Godtsenhoven / ニューヨーク・メトロポリタン美術館ファッション・インスティテュート準学芸員)、ヴァレリー・ヴェルハック(Valerie Verhack / M-ルーヴェン学芸員)らによるエッセイを収録。

Published on the occasion of a major solo exhibition of Thomas Demand’s work at Belgium museum M Leuven in October 2020, this book focuses on Demand’s relationship to architecture and his engagement with architects over almost fifteen years. The starting point is his ongoing series ‘Model Studies’, in which the concept of the model itself is key, and includes rarely show projects such as Black Label (2009), Embassy (2007), and Nagelhaus (2008). The book is accompanied by essays from Adam Caruso (Architect and Professor of Architecture and Construction at the ETH Zurich) Maristella Casciato (Curator of Architecture, Getty Research Institute, Los Angeles) and Emily Pugh (Architectural historian, Getty Research Institute, Los Angeles), Aude-Line Dulière (Architect and Professor at the Architectural Association, London), Karen Van Godtsenhoven (Associate curator at the Fashion Institute, Metropolitan Museum, New York), and Valerie Verhack (Curator at M Leuven).

by Thomas Demand

REGULAR PRICE ¥8,000

softcover
448 pages
210 x 275 mm    
color, black and white
2020

shortlist of the Deutsche Börse Photography Foundation Prize 2011

published by MACK