DÜŞLER ÜLKESI by Cana Bilir-Meier

ミュンヘンとウィーンを拠点として活動するアーティスト、カナ・ビリア=マイヤー(Cana Bilir-Meier)の作品集。個人と公共のアーカイブとその内に隠されているほとんどの場合誰にも語られたことのない物語をテーマに、特にその中でも移住(後)の体験を作者は表現してきた。映像、ドローイング、パフォーマンス、音響と幅広いメディアを駆使した作品群は、移民と非移民が共に享受している平等性や、社会的、文化的、感情的、構造的な関与の度合いについて疑問を投げかける。ハンブルグ美術館で開催された個展に伴い刊行された本書は、社会の多様性、参加、歴史的な抑圧、移民の体験から生まれた知識の様々な側面について論じている。

Cana Bilir-Meier’s work tackles private and public archives as well as the stories hidden within them—most of them untold—with a special focus on (post-) migrant worlds of experience. Bilir-Meier investigates questions of social, cultural, emotional and structural participation and equality for all. For this, she uses a wealth of media including film, drawing, performance, and audio. The publication discusses aspects of social diversity, participation, historical suppression, and knowledge situated in the migrant experience. Cana Bilir-Meier’s first monograph is published in conjunction with her solo exhibition at the Kunstverein in Hamburg.

by Cana Bilir-Meier

REGULAR PRICE ¥4,500

softcover
200 pages
210 x 300 mm    
color, black and white
2020

published by SPECTOR BOOKS