BEAUTY by Alex Katz

アメリカ人アーティスト、アレックス・カッツ(Alex Katz)の作品集。モノクロで描かれたプリント作品のシリーズ『BEAUTY』が放つエレガントな魅力を堪能できる、美しいクロス張りのカタログ。このシリーズは、あらゆる背景から主題を完全に切り離すことによって表情の微細な変化を強調した、クローズアップのモノクロポートレイト25点で構成されている。くっきりとした輪郭線とタイトなフレーミングで描き出された女性たちは20世紀半ばのファッション誌のイメージに登場したモデルやセレブリティを彷彿とさせ、作者が昔からずっと、公共の空間に浸透している美と魅力の概念に興味関心を抱いてきたことをはっきりと伝えている。巻末には「美」にまつわる2つの考察が掲載されている。美術評論家のカーター・ラットクリフ(Carter Ratcliff)は自分自身と美の面白おかしい哲学的な対話について想像し、著者のジャレット・アーニスト(Jarrett Earnest)は芸術と人生における美との31回の出会いについて語る。作者はアメリカを象徴する非常に多作なアーティストであり、1951年から2021年までに250回以上の個展と500回のグループ展に出展し、その作品は世界中の100を超えるパブリックコレクションに収蔵されている。大規模なモノクロのキャンバスを背景として描かれた平面的な人物像で知られる。

Elegant monochrome glamour in Katz's new print series. This handsome clothbound catalog gathers Alex Katz’s recent titular print portfolio. The series of 25 prints features close-up, black-and-white portraits that remove the subjects from any contextual backdrop, emphasizing instead subtle shifts in expression. Rendered in bold lineation and tightly framed, the women depicted recall the models and celebrities featured in mid-20th-century fashion imagery, underscoring Katz’s ongoing fascination with perceptions of beauty and glamour that permeate the public sphere. The portraits are bookended by a pair of meditations on beauty: Carter Ratcliff imagines a comedically philosophical dialogue between himself and beauty, and Jarrett Earnest shares 31 encounters with beauty in art and life.

by Alex Katz

REGULAR PRICE ¥6,380  (tax incl.)

hardcover
100 pages
235 x 254 mm
black and white
2021

published by KARMA

published by LOCOCO FINE ART PUBLISHER