ACCIDENT by Andrew Zago

アメリカ人建築家、アンドリュー・ザーゴ (Andrew Zago)の作品集。建築のように計算しつくされた構造を形にする分野では、完成された作品に表情を与えるために、素材のテクスチャー、風格、人の手で成された完璧なコントロールに対する抵抗の痕跡が持つ偶然性を利用することがある。このような場合、素材が醸し出す表情は魅力的な特性として扱われる。建築的な構造の信頼性を裏付けるものであれば、精神性の表れとしてもてはやされる。自然な素材は技術的に完成されている構造に装飾を添えることができる。しかし単にそれだけでなく、このような構造に反発して、素材が「解体」しようとする無作為な性質は、好ましいものとして幅広く受け入れられている例が無数にある。長い時間の経過による風化の影響や構造のゆがみは、正確無比な構造の堅苦しさを和らげ、魅力的で親しみやすいものに変えるとされることが多い。極端だが分かりやすい例としては、古典的な廃墟が挙げられる。この場合、技術的な構造(建物)は原型をとどめていないので、そもそもの構造と素材の崩壊が一つになって最終的な効果を生み出している。少なくともロマン主義以降廃墟(石造りのものに限る)は、美術品と同じように評価されるようになった。こうした事例に共通するのは「偶然性」である。複雑で確率論的な素材のロジックは、人間のコントロールの外で、またこれに反して、結晶化あるいは有機的な成長、そして環境の影響による複雑な分解として出現し、我々が意図していた構造を解体する。岩を幾何学的な形に整えて「石柱」と呼んでも、数世紀後かもしれないがそれはいつか必ず自然の姿に還ることになり、その時まだ柱として使われていれば建物全体を崩壊させるだろう。「偶然性とコントロールの相互作用」は、このような分かりやすい状況とそれに伴う感情を遥かに超えて広がっている。このようなもの全てが「アクシデント」であり、またアクシデントであるが故に、あらゆる技術的な構造に(潜在的に)内包されている相互作用の中でも、時の流れによって美化されたほんの一部のみを指すのである。

In fields, such as architecture, that produce carefully authored compositions, the chance arrangements of material grain, patinas, or other traces of matter’s resistance to orderly control are sometimes allowed an expression in the final work. In these instances they are viewed as desirable features―even moral ones when touted as evidence of a work’s architectonic authenticity. Beyond this limited embellishment nature provides to otherwise determined technological assemblies, there are larger scale also embraced instances of matter’s random nature acting against, and in part undoing, such assemblies. The effects of weathering and the slouch or deformation of structures over time are often seen as endearing informal enhancements to the rigidity of precise compositions. A more extreme but equally well understood example is the classical ruin. In it, a technological assembly (a building) is undermined to a degree that the total final effect is coproduced by the original composition and its material disassembly. Since at least Romanticism such ruins―almost always in stone―have garnered a level of appreciation that can be considered connoisseurship. In all of these instances there is happenstance; the appearance of a complex, stochastic logic of matter―both its crystalline or organic growth and its complex degradation in its environment―that is outside of and contrary to our instrumental control, unraveling our intended arrangements. We may dress a rock in geometric form and name it ‘column,’ but eventually―if centuries later―it will return to its feral state and, if still functioning, may even cause a structure to collapse. This interplay of happenstance and control extends well beyond these familiar occasions and their attendant sensibilities. They are all accidents, and as such they represent only a small, historically aestheticized, subset of an interplay that (potentially) exists in every technological assembly.

by Andrew Zago

REGULAR PRICE ¥5,400

softcover
528 pages
140 x 195 mm
color, black and white
limited edition of 500 copies
2018

published by ART PAPER EDITIONS