WALTER KELLER - BERUF: VERLEGER by Urs Stahel, Miriam Wiesel

出版者、編集者、キュレーターとして名を馳せたスイス人、ウォルター・ケラー(Walter Keller)の活動をまとめた1冊。1978年にニコラウス・ヴィース(Nikolaus Wyss)とカルチャー誌『Der Alltag― Sensationen des Gewöhnlichen』を生み出し、その後1984年にビーチェ・クリーガー(Bice Curiger)とジャクリーン・ブルクハルト(Jacqueline Burckhardt)、ピーター・ブルム(Peter Blum)と共に美術誌『Parkett』、1991年には写真集に特化した出版社「Scalo」を立ち上げ、1993年にはヴィンタートゥール写真美術館を設立したウォルター・ケラー。誰の目にも華々しい経歴であるが、ジャーナリストにギャラリスト、キュレーター、写真家、グラフィックデザイナーからコレクターまで、彼は自らの友人も敵もお構いなしに魅了し、当惑させ、刺激を与える存在であった。2014年9月1日の夜、ウォルター・ケラーは、スイス人作家のフリードリヒ・デュレンマット (Friedrich Dürrenmatt)と冷戦をテーマにした展覧会の準備中に突然この世を去った。この展覧会と並行し、中国の現代写真に関する展覧会の企画など数えきれないアイデアを形にしている最中での出来事だったという。ウォルター・ケラーは、相手のやる気を引き出す優れた指揮官であり、ネットワーキングに長け、雑誌や本づくりに情熱を傾けた。しかし何より彼は愛すべき友であり最高の仲間であったと彼を知る者は皆言う。本書は、ウォルター・ケラーの活動を振り返る単なる解説本ではなく、どのように自らを取り巻く環境を自分だけの世界観へ変えて活動を続けてきたかに迫った内容となっている。本書の編集やサポート、キュレーション、寄稿、プロダクションは、ウォルター・ケラーとの出会いによって豊かな人生を切り開くことができた人々によって手掛けられた。本書はウォルター・ケラーの仕事を時系列でまとめるのではなく、彼の無限に広がる独創性の証を主観的に選んだ、印象派的なパッチワークを形成している。

Walter Keller founded the cultural magazine Der Alltag― Sensationen des Gewöhnlichen in 1978 with Nikolaus Wyss, the art magazine Parkett in 1984 together with Bice Curiger, Jacqueline Burckhardt and Peter Blum, the photobook publishing house Scalo―Books and Looks in 1991, and the Fotomuseum Winterthur in 1993. An impressive palmarès, to be sure, and yet it pales beside the exuberant creativity, curiosity, inspiration and energy with which for nearly forty years Walter Keller fascinated, nonplussed and motivated friends and foes alike, journalists and gallerists, curators and photographers, graphic designers and collectors―and often nearly drove them to distraction with his relentless tenacity. On the night of September 1, 2014, Walter Keller died all of a sudden in the midst of preparing exhibitions on Dürrenmatt and the Cold War, as well as on contemporary Chinese photography and a thousand other ideas. Walter Keller was a publisher, motivator, magazine maker, coach and networker. But above all he was an adorable friend and rousing companion. This book does not seek to explore or explain what he did, but how and why he turned his surroundings into exhibits in his very own world’s fair. Edited, backed, curated, written and produced by people whose lives were changed and enriched by Walter Keller, this book is not a chronology of Walter Keller’s work, but an impressionistic patchwork, a subjective selection of testaments to his unbridled originality.

by Miriam Wiesel , Urs Stahel

REGULAR PRICE ¥6,500

softcover
432 pages
192 x 257 mm
color
2019

published by EDITION PATRICK FREY