TALES OF ESTRANGEMENT by Effie Paleologou

ロンドンを拠点に活動するギリシャ人アーティスト、エフィ・パレオログ(Effie Paleologou)の作品集。本書は、ロンドンとアテネという作者にとって故郷に近い2つの場所の神秘的で断片的な景観を想起させる写真をまとめた1冊。作者は夜間に制作活動をすることで、アイデンティティが曖昧かつ不確かになり、思い入れのある第三の架空の舞台を思い起こす。作者のイメージは、親しみやすい感覚に満ちているが、代替現実で生じる不確実性や脆弱性の状態にも等しく従順である。住民のいないハイブリッドな都市は、静かでありながら不思議な響きをもっている。作者は、過渡的な空間や境界的な空間を現代的なマッピングでもたらす。駅、ホテル、駐車場、港、空港など、出会い、出発、消滅、そして終わりが永遠に続く場所に惹かれている。都市の幾何学模様に投影される影や人工的な光は、幻想的な場面や不気味なムードを写し出している。ここが故郷であるならば、そこには落ち着きのない劇場も存在する。疎外感も親密感が、ここに共存するのである。

アイルランド人作家ブライアン・ディロン(Brian Dillon)とイギリス人作家イアン・シンクレア(Iain Sinclair)によるエッセイも収録。

This collection evokes a mysterious and fragmented cityscape of two places – London and Athens – both of which artist Effie Paleologou has come to regard as almost home. Working nocturnally, when identities become blurred and indeterminate, Paleologou conjures a third fictional staging that she has become all the more attached to. Her images are infused with a sense of the familiar but are equally beholden to the states of uncertainty and vulnerability that arise in alternative realities. Stripped of inhabitants this hybrid city appears silent yet strangely resonant. Paleologou offers a modern mapping of transitory and liminal spaces. She is drawn to train stations, hotels, carparks, seaports and airports, sites in which encounters, departures, disappearances, and endings unfold perpetually. Shadows and artificial light cast across urban geometries reveal phantasmagoric scenes and uncanny moods. If this is home, there is a restless theatre at play too. Alienation and belonging belong together here.

With essays by Brian Dillon and Iain Sinclair.

by Effie Paleologou

REGULAR PRICE ¥8,580  (tax incl.)

hardcover
112 pages
272 x 332 mm
color
2022

published by MACK