SURVEILLANCE INDEX EDITION ONE by Mark Ghuneim

アメリカ人インターネット起業家、マーク・グネイム(Mark Ghuneim)の作品集。監視写真に関連する100冊の本をまとめた包括的な参考資料集。本書は、監視とそこから生まれたイメージが私たちの生活にとって切っても切り離せない一部となった時代と、アーティストたちが向かい合ってきた主題の記録である。収録されている文化評論家のカーロ・マコーミック(Carlo McCormick)のエッセイ『The Eyes Have It』は、歴史的な背景を説明し、この監視という劇場に先立って存在する美術史の中の例を詳細に分析する。本書は参考資料としてデザインされており、全ての作品が出版年、題名、撮影者、解説、サイズ、コードで索引付けされている。さらに各冊の代表的な見開きページと独自の説明に加え、全ての収録書籍が掲載されたポスター、オリジナルバッグ付き。

Surveillance Index Edition One is a reference tool and compendium documenting one hundred books related to surveillance photography. The volume marks a time in history when surveillance and the imagery resulting from it have become inescapable parts of our lives, as well as subjects often confronted by artists. Carlo McCormick’s essay in the book, titled “The Eyes Have It,” offers historical context and parses the art historical precedents for this theater of observation. Designed as a reference manual, Surveillance Index Edition One indexes each work by year of publication, title, photographer, description, size, and code. It also includes a representative spread from every title, unique descriptions of every book, a poster showing all the books from Edition One, and a special-edition bookmark.

by Mark Ghuneim

REGULAR PRICE ¥5,000

softcover
 in a tote bag
324 pages
280 x 355 mm
black and white
2016

published by SELF PUBLISHING