SCHOOL OF ART by Matthew Finn

イギリス人フォトグラファー、マシュー・フィン(Matthew Finn)の作品集。「クール・ブリタニア」が絶頂に達した1997年。街にはブリット・ポップが絶え間なく流れ、労働党の新政府が発足したばかりで、何世代にも渡ってイギリス人たちが感じたことのない確かな希望が感じられる時期だった。その頃作者は大学を出たての24歳で、ロンドン郊外のアートスクールで教え始めたところだった。その後数年に渡り作者は、学生たちと学校の写真を撮り続けた。

あれは、携帯電話やソーシャルメディアが出てくる前の最後の10年間でした。私達は議論を交わし、自分たちで試行錯誤していました。誰かに言われたからではなくて、心底やりたいことをやっていただけです。不可能なことなど何もないように思えました。
―マシュー・フィン

私達は、自分たちの持っているクリエイティビティをどんな方向にも好きなように伸ばしていくことができました。昼休みになると駐車場に停めた車の中でマリファナを吸い、そのまま授業に出て、キャンバスに絵の具で渦巻きを描いたりしました。煙草を吸いまくり、共有のカセットデッキでロックバンドのアリス・イン・チェインズやパール・ジャムを延々とかけて、学校の廊下でスケボーをし、マジックマッシュルームでトリップしながら通りを歩き、紙とノリでおっぱいを作り、タンポンの彫刻を作り…あれほどまでに人生を変えるパワーに溢れた学び場を、私は他に想像することができません。
―美術学校の生徒


In 1997 “Cool Britannia” was at its height. Brit pop was flooding the airwaves, a new Labour government took power, and a sense of hope that had not been felt for a generation was palpable. British photographer Matthew Finn was 24, had recently graduated, and took a job at a School of Art in the outskirts of London. Over the coming year he photographed the students and the school itself.

It was last decade before cell phones and social media, we discussed, argued and tried things out, not because we were told to but be cause we wanted to. Everything seemed possible.” - Matthew Finn

We were able to expand our creativity in any direction we wanted. Hot boxing the car in the car park at lunch then going into class to swirl paint around a canvas. Chain smoking, listening to Alice in Chains and Pearl Jam on loop on the communal tape to tape deck, skateboarding in the corridors, mushrooms in the street, paper mache boobs, tampon sculptures, I can’t imagine any other form of education being that life changing.” - School of Art Student

by Matthew Finn

REGULAR PRICE ¥6,000

hardcover
120 pages
250 x 200 mm
black and white
2019

published by STANLEY/BARKER