SCARTI by Adam Broomberg & Oliver Chanarin

ロンドンを拠点に活動するアーティストデュオ、アダム・ブルームバーグ & オリバー・チャナリン(Adam Broomberg & Oliver Chanarin)の作品集。2003年に出版された『Ghetto』は、タンザニアのリュコール難民キャンプ、キューバの精神病院、南アのポールスモア刑務所など、世界の12箇所にわたり、「ゲットー」(ゲーテッドコミュニティ)を大判のカラー写真で記録した作品である。3年間の制作期間を経て完成したこの本は既に絶版になっている。イタリアの印刷業界では「Scarti di avviamento」という専門用語があり、これはインクを転写させるドラムを掃除するために印刷の合間にプリンターに通す紙を指す。この副産物は、本の印刷が終了すると破棄されるのが普通である。しかし『Ghetto』を出版したジジ・ジャンヌッツィ(Gigi Giannuzzi)は印刷の際に出た「scarti」(イタリア語で「ごみ」の意)を保存・保管し、2012年にジャンヌッツィ氏が惜しくも突然この世を去った後に偶然発見された。2回印刷された紙には、神秘的でしばしば美しいイメージの組み合わせが姿を現している。しかし、実のところ、これらはちょっとした偶然の連続に過ぎないのである。

Ghetto was published by Trolley Books ten years ago. It documented twelve contemporary gated communities, and was photographed by Adam Broomberg & Oliver Chanarin entirely on large format colour negative. The book took three years to produce and is now out of print. Scarti di avviamento is the technical term at the printers in Italy for the paper that is fed through the printing press to clean the drums of ink between print runs. This by-product is usually destroyed once the book is printed. But during the printing of Ghetto, the scarti – Italian for scraps – were saved and stored away by publisher Gigi Giannuzzi. Following his untimely death in December 2012 these scarti were discovered. The twice-printed sheets reveal uncanny and often beautiful combinations. Yet, in truth, they are nothing but a series of little accidents.

by Adam Broomberg & Oliver Chanarin

REGULAR PRICE ¥8,800

hardcover
64 pages
210 x 248 mm
color
2013

winner of the Deutsche Börse Photography Foundation Prize 2013

published by TROLLEY BOOKS