REVUE CAHIERS D’ART, 2012, N°1, ELLSWORTH KELLY by Ellsworth Kelly

1926年にパリのサン=ジェルマン=デ=プレでクリスチャン・ゼルボス(Christian Zervos)が創刊した美術雑誌「Cahier D’Art(カイエ・ダール)」。1960年に廃刊となったが、2012年にスタファン・アーレンバーグ(Staffan Ahrenberg)によって復刊、本書はそのシリーズ第一号であり、アメリカの現代絵画の巨匠、エルズワース・ケリー(Ellsworth Kelly)を特集する。ケリーの作品の他、サラ・モリス(Sarah Morris)や映画監督のシプリアン・ガイヤール(Cyprien Gaillard)、アルゼンチンを代表する芸術家のアドリアン・ビジャール・ロハス(Adrian Villar Rojas)らの作品を収録。美術史家のイブ=アラン・ボワや建築家の安藤忠雄、建築・都市計画史家のジャン=ルイス・コーエン(Jean-Louis Cohen)らの文章も収録。

The Revue Cahiers d’Art is relaunched with this first issue in 2012 dedicated to Ellsworth Kelly. It contains an original lithograph by Kelly, and presents the work of several other artists: Sarah Morris, Cyprien Gaillard and Adrian Villar Rojas. It contains several texts, in particular those of the art historian Yve-Alain Bois, the architect Tadao Ando and Jean-Louis Cohen, historian of architecture and town planning.

by Ellsworth Kelly

REGULAR PRICE ¥14,300  (tax incl.)

softcover
136 pages
315 x 245 mm
color, black and white
2012

published by CAHIERS D’ART