(RE)PICTURE

「視覚的な想像力の再生」をコンセプトに掲げるインディペンデントマガジン。本誌では国籍の異なるゲストアーティストたちによって描かれた像(ピクチャー)を、文字情報を用いずにデザインし、印刷物としてパッケージングする。インターネットやソーシャルメディアの発達が著しい今日において、我々は頭のなかに現れてはすぐに立ち消え去ていく多くの刹那的なイメージに接しているが、本誌では、作家たちと共に現代的かつ永久的な新しいエコシステムを、イメージという共通言語のみ用いて、そこから想像する行為が持つ伝達力をもって表現する。我々は1枚の写真を見た時、何を思うのだろうか? 画像の伝達には物質(化学)、形象(図像)、精神(印象)に加え、空間というキーワードがある。それらの目に見える要素と目に見えない要素が化学反応のように交ざり、そこに鑑賞者の想像が加わることで循環的な連想ができるものになる。創刊号では5人の写真家がそれぞれ16ページずつ作品を提示。人間の持つ想像力も地球の一つの資源であると考え、「resource」というテーマを掲げた。編集はモダーンの高宮啓、アートディレクション&デザインは出版社「IN OTHER WORDS」を主催するデザインユニットOK-RM、フォトエディターを写真家の濱田祐史が手がける。

参加作家:マーヴィン・ルーヴェイ(Marvin Leuvrey)ヤープ・シェーレン(Jaap Scheeren)セオ・シンプソン(Theo Simpson)濱田祐史(Yuji Hamada)マーク・ボスウィック(Mark Borthwick)

An independent magazine with the intention of reproducing the visual imagination. Featuring images by a selection of guest artists, the magazine is designed without the use of words and packaged as printed matter. In contrast to the unprecedented exposure to ephemeral imagery consumed through the internet and social media (RE)PICTURE works together with artists of varied nationalities to develop a modern and enduring image ecosystem that symbolises the pursuit of a universal language.

Issue 01: What do we think of when we look at a single picture? The transmission of an image involves “material” (chemistry), “shape” (figure), “mind” (impression) and also includes “space” as a keyword. Like a chemical reaction, those visible elements interweave with the invisible to create a cycle of association when the imagination of a viewer is applied. Believing that the human imagination is also one of our planet’s invaluable assets, we adopted “resource” as the theme for the first issue of our magazine. Edited by Akira Takamiya (moder-n), art-direction & design by OK-RM, photo-editor Yuji Hamada.

by Jaap Scheeren , Mark Borthwick , Marvin Leuvrey , Theo Simpson , Yuji Hamada

REGULAR PRICE ¥4,500

softcover
210 x 305 mm
color, black and white
limited edition of 1,000 copies
(regular edition: 700 copies)
2019

published by ATARICA