RED EYE TO NEW YORK by Janet Delaney

カリフォルニア州バークレーを拠点とするフォトグラファー、ジャネット・デラニー(Janet Delaney)の作品集。1980年代を通じて、作者はサンフランシスコの写真ラボで働きつつ、時折友人から急な依頼を受けては運び屋としてNYに飛んでいた。思いがけずNYで一時を過ごすことになると、ローライフレックスを携えて街を歩き回り、数々の神話の舞台となったこの都市のリズムや個性をイメージに捉えていった。歩き疲れ、道に迷うこともよくあったが、作者は写真を撮ることによって落ち着きと集中力を取り戻し、自分を押しのけて進んでいく群衆のリズムに身を任せ、都市の構造に織り込まれている歴史の深さに圧倒された。

本シリーズのカラー写真はどれも生命力に満ち溢れている。またそこには、ストリートとそこに住む人々にカメラを向ける作者の寛容なアプローチの萌芽を見ることができる。公共の場における個人の営みと、写真家と被写体の間のつかの間のつながりという2つの要素の貴重な取り合わせをイメージに捉えた。

ロサンゼルスのポール・ゲッティ―美術館写真部門アソシエイト・キュレーターのアマンダ・マドックス(Amanda Maddox)のテキストを収録。

二度と再び起きることはない変化の最中にある都市を親密な眼差しで捉えたポートレイト… デラニーのイメージは、都会の喧騒の中にあるいくつもの “永遠”を劇的に表現した。そこには、いつでも誰もが自分だけのシャッタースピードで人生を体験しているという感覚が漂っている」– The Observer

デラニーは、当時のファインアートフォトグラファーの大半が使わなかったプロセスであるカラー写真をあえて選び、時間、場所、人びとを讃える深いつながりを作り出していた」– Aperture

デラニーの写真は、極めて厳格な意図を維持しつつも、輝かしい美しさに満ちている」– AnOther

DHLの配送手配を担当している仲のいい友人がいました。彼はたまに電話をかけてきては、次の夜行便でNYに行きたいかと聞き、私はいつもイエスと答えたものです。手荷物の中身を知ることはありませんでした。私に分かっていたのは、空港のカウンターでチケットを受け取ったら5時間半後にはJFKに着いているということだけでした」– ジャネット・デラニー

Throughout the 1980s, Janet Delaney’s job in a San Francisco photography lab was punctuated by the last-minute flights she would take to New York as a courier. Within these unexpected pockets of time she spent in New York, Delaney would wander the streets with her Rolleiflex camera, attending to the rhythms and characters of this much-mythologised city. Despite being tired and often lost, the act of photographing made Delaney feel present and alert, in tune with the crowds that pushed past her and mesmerised by the depth of history woven into the city’s structures.

The colour photographs that make up this series are brimming with life and reveal the formation of Delaney’s generous approach to photographing streets and the people who inhabit them, capturing the precious mixture of private lives lived in public and transient moments of connection between photographer and subject.

With a text by Amanda Maddox, Associate Curator in the Department of Photographs at The J. Paul Getty Museum in Los Angeles.

Intimate portraits of a city in a unique moment of transition … they also dramatise that myriad kind of timelessness that busy urban streets always contain: the sense of everyone, at any one moment, experiencing life at their own particular shutter speed.” – The Observer

Delaney’s choice to photograph in color––a process that was rarely employed by fine art photographers of the time––creates a profound and celebratory connection to the time, place, and people” – Aperture

While [Delaney’s] pictures retain a steely purpose, they also glow with a luminous beauty” – AnOther

A dear friend of mine scheduled couriers for DHL. From time to time he would ring and ask if I wanted to catch the next red-eye flight to New York. I always said yes. I was never certain what cargo I was accompanying. I only knew that there would be a ticket waiting for me at the counter and that 5 and a half hours later I would arrive at JFK.’ – Janet Delaney

by Janet Delaney

REGULAR PRICE ¥7,150  (tax incl.)

hardcover
104 pages
210 x 250 mm
color
2021

published by MACK