PEUPLE DE LA NUIT by Sanlé Sory

西アフリカ・ブルキナファソ人フォトグラファー、サンレ・ソリー(Sanle Sory)の作品集。1960-83年の間、作者のカメラに向かって、自由奔放に明るくポーズを取ってくれた人々に捧げた一作。

あの頃はお金がなくても生きていけたし、誰もが思いっきり楽しんでいた。どんな時でも夜遊びして、羽目を外したものだった。
―サンレ・ソリー

当時作者は、日中はブルキナファソ南部にあるヴォルタ・フォトスタジオに何日もこもって作業をし、夜になると活気あふれるミュージックシーンやユースカルチャー、ダンスパーティー、結婚式へと繰り出しては撮影し、自分の町のポートレイトを作り上げていった。ヴォルタ・ダンシング、カルバス・ド・オール、ノルマンディ、ダフラ・バーなど人気クラブの客を探していない時は、愛車のヴォルタ・フォトの2CVバンに乗り、ボボの街の北西にあるコウ・バレー周辺の鄙びた村へと足を延ばした。ちょっとした照明とサウンドシステムを積んで行っては、野外パーティーを自ら開催した。「土埃のパーティー(Bals Poussière)」と呼ばれていたイベントは日が昇っても続いていたが、農夫や羊飼いたちは夜明けとともにバカ騒ぎを後にして、畑や牛たちの世話をしに戻っていったという。

Peuple de la Nuit is a tribute to the people who posed with cheery abandon, for the lens of Sanlé Sory from 1960-83.

'Life was cheap and everyone could have a ball. You could always go out and have some fun.’ - Sanlé Sory

While Sory spent days at his Volta Photo studio in southern Burkina Faso, his nights were spent capturing a flourishing music scene, youth culture, dance parties, weddings and portraits of his home city. When he wasn’t out looking for customers at venues such as Volta Dancing, Calebasse d’Or, Normandie or Dafra Bar, Sory would set off towards the remote villages along the Kou Valley, north West of Bobo, in his Volta Photo 2CV van, with a few lights and a homemade sound system, to set up his own Bals Poussière (dustball parties). The parties lasted until well after the sunrise, at which point the farmers and herders would head straight back to tend their fields and cattle.

by Sanlé Sory

REGULAR PRICE ¥6,800

hardcover
88 pages
275 x 275 mm
black and white
2019

published by STANLEY/BARKER