PAINTINGS by Emil Michael Klein

スイス人アーティスト、エミル・ミハエル・クライン(Emil Michael Klein)の作品集。2013年から2016年にかけて制作された大型の油画に対し、媒体、フォーマット、サイズを変えて印刷された本という形式に落とし込んだ。自身が選んだ30作の高品質アートプリントを、デザイナーのテオ・シフェリ(Teo Schifferli)が1冊の本にした。キャンバスを異なるアングルで捉えたイメージや、派生、独立してきた作品も収録されている。本書の制作に際し、作者はアーティストブックという特殊なフォーマットの中で印刷と絵画という対照的なプロセスを探求し、融合させた。色で描かれた線とモノクロの面で構成された網の目のような作者の絵は、印刷された作品が持つ整然とした様子や鮮やかな色彩といった効果を思い起こさせる。ここでは、その類似点と2つの表現手段の違い、さらには二つの間を自由に行き来することへの魅力が掘り下げられている。本書は、原画を複製することに付き纏う問題に向き合うことはもちろん、イメージがどのようにして鑑賞され、広まっていくのかについても問いを投げかけている。セリー主義とバリエーションに対する自分なりの考え方と抽象絵画の概念に基づき、作者は作品に短いキャプションしかつけないようにしている。作者の絵は文章、解説、説明を必要としないからである。

Paintings presents a recent series of works by Emil Michael Klein. These large-scale oil paintings on canvas, executed from 2013 to 2016, are transformed here by the medium, format and reduced size of the printed book. Designer Teo Schifferli has brought together the artist’s own selection of 30 high-quality art prints of his paintings, including different takes and angles on those canvases, as well as other stand-alone works by Klein. Emil Michael Klein’s main object here is to explore and intermingle the contrasting processes of printing and painting within the specific format of an artist’s book. The arterial web of colored lines and monochrome color fields in his paintings evokes the formal and chromatic effects of printed artwork. Klein delves into these similarities – as well as differences between the two artistic media – and his ambivalence about switching from one to the other. Besides grappling with the perennial problems involved in turning originals into reproductions, this artist’s book asks how images are viewed and disseminated. Based on his concept of serialism and variation as well as abstract painting, Emil Michael Klein provides only brief captions to the pictures: they need no accompanying text, commentary or explanations.

by Emil Michael Klein

REGULAR PRICE ¥5,500

hardcover
72 pages
255 x 350 mm    
color
2017

published by EDITION PATRICK FREY