ON COLLECTING ARTISTS' BOOKS | THE LILIANA DEMATTEIS COLLECTION AT THE THOMAS J. WATSON LIBRARY, THE METROPOLITAN MUSEUM OF ART by Melania Gazzotti

イタリア人ギャラリスト、リリアナ・デマテイス(Liliana Dematteis)のアートブック・コレクションをまとめた作品集。美術史家でありキュレーターのメラニア・ガゾッティ(Melania Gazzotti)による編集。

2018年に、デマテイスは自身の貴重なアーティストブックのコレクションを「メトロポリタン美術館トーマス・J・ワトソン図書館(Thomas J. Watson Library of the Metropolitan Museum in New York)」に寄贈することにした。

本書は、学者として、また出版者、そして「ガレリア・マルターノ(Galleria Martano)」のディレクターとしてのデマテイスの経験から生まれたこの重要なコレクションに対する敬意を表して刊行されたものであり、1960年代から1970年代に制作に励んでいたイタリアとアメリカのアーティストたちを比較することを提案している。実際に、両国の異なる芸術運動はいずれも、この日常的なオブジェである「本」を、コンテンツが収められる効果的な代替品としてではなく、刺激的な実験の土壌として扱っていた。「アルテ・ポーヴェラ」、「ミニマル・アート」、「パフォーマンス・アート」、「フルクサス」、「ヴィジュアル・ポエトリー」の代表的な書籍群を比較したこのセレクションは、デマテイスをはじめ、美術史家のジョルジオ・ディ・ドメニコ(Giorgio Di Domenico)、同図書館長のケン・ソーナー(Ken Soehner)、ヴィジュアル・アーティストのトニー・ホワイト(Tony White)によるテキストで紹介されている。イタリア語、英語併記。

In 2018, the Turin gallerist Liliana Dematteis decided to entrust her precious collection of artists' books to the Thomas J. Watson Library of the Metropolitan Museum in New York. The volume 'On collecting artists' books' pays homage to this important collection, born from Dematteis' experience as a scholar, publisher, and director of the Martano Gallery. It proposes a comparison between Italian and American artists who were ingaged in this practice, between the 1960s and the '70s. Indeed, in both countries different artistic movements have seen in this commonly used object not only an alternative and effective vehicle of content, but also a stimulating ground for experimentation. This selection of volumes, which compares some of the most emblematic books of Arte Povera, Minimal art, Performance art, Fluxus and Visual Poetry, is edited by Melania Gazzotti, and is introduced by texts by Liliana Dematteis, Giorgio Di Domenico, Ken Soehner, and Tony White.

by Liliana Dematteis , Melania Gazzotti

REGULAR PRICE $51.00

softcover
112 pages
170 x 240 mm
color, black and white
2023

published by CORRAINI EDIZIONI