NO FEAR OF GLASS by Sabine Marcelis

オランダ人アーティスト、デザイナー、サビーネ・マルセリス(Sabine Marcelis)の作品集。バルセロナの「サイド・ギャラリー(SIDE GALLERY)」と「ミース・ファン・デル・ローエ財団(FUNDACIÓ MIES VAN DER ROHE)」の協力のもと、2019年12月から2020年1月にかけて作者が同じくバルセロナの「ミース・ファン・デル・ローエ・パビリオン(Mies van der Rohe Pavilion)」で発表した、空間への介入作品の成果をまとめた一冊。

作者は同パビリオンの基盤となっているデザイン理念、素材、比率を、機能的な家具の創造にどのように反映できるかを探った。展覧会と本書のタイトルである『NO FEAR OF GLASS』は、20世紀のモダニズム建築を代表するドイツ出身の建築家、ミース・ファン・デル・ローエ(Mies van der Rohe)が、テキスタイル、家具、インテリア、展示空間デザイナーであるリリー・ライヒ(Lilly Reich)と共同で設計したバルセロナ・パビリオンについて、建築家のジョゼップ・ケトグラス(Josep Quetglas)が記した著書のタイトル『Fear of glass』(2001年)に呼応している。ミース・ファン・デル・ローエがパビリオンにガラスを使いすぎないように求められたのは有名な話だが、作者の作品もガラスを主役の素材とし、この素材の限界に挑んでいる。

建築家のアンナ・プイジャネール(Anna Puigjaner)、同じく建築家のイッポーリト・ペステッリーニ・ラパレッリ(Ippolito Pestellini Laparelli)がテキスト、建築写真家のピム・トップ(Pim Top)が写真、デザイナーのソフィア・シュラン(Sophia Schullan)が装丁を手がける。

The publication "No Fear of Glass", with texts by Sabine Marcelis, Anna Puigjaner and Ippolito Pestellini Laparelli, photos by Pim Top and graphic design by Sophia Schullan, is the result of the intervention of the same name that the artist, together with Side Gallery and Fundació Mies van der Rohe, presented in the Mies van der Rohe Pavilion between December 2019 and January 2020.

Sabine Marcelis explored how the design ideals, materiality, and the proportions with which the pavilion has been constructed can be translated into the creation of functional furniture pieces. The title of the exhibition and the publication responds to "Fear of Glass", the book about Ludwig Mies van der Rohe and Lilly Reich’s Barcelona Pavilion by Josep Quetglas. Mies van der Rohe was famously asked to not use too much glass in the Pavilion and Marcelis’s works in turn are produced from glass, pushing the materials limits to the extreme.

by Sabine Marcelis

REGULAR PRICE $58.00

softcover
60 pages
200 x 280 mm
color
limited edition of 500 copies
2021

published by FUNDACIÓ MIES VAN DER ROHE