MONGRELISM by Jono Rotman

ニュージーランド人フォトグラファー、ジョノ・ロットマン(Jono Rotman)の作品集。ニュージーランドのストリートギャング「ザ・モングレル・モブ・オブ・アオテアロア(The Mongrel Mob of Aotearoa)」は過激で悪名高く、「ニュージーランドの怪物」として長い間恐れられてきた。明らかな矛盾がいくつも重なり合っているが、彼らのアイコンはナチスのヘルメットをかぶったブリティッシュブルドック。しかしメンバーのほとんどは土着のマオリ族出身である。モングレル・モブのシンボルは、植民地化によるマオリ族征服の歴史に対する批判的な反応と、(白人)国家に対する宣戦布告の2つに由来している。本書を通じ、我々は外部の者には決して入ることのできないこの組織に足を踏み入れる体験が出来る。威風堂々としたポートレイトには、自分はギャングのメンバーであるという宣言と自分たちのアイデンティティに対する誇りが表れている。作者は彼らが創りだしたモノを詳しく調べ、このギャングに関する資料に基づいて荒々しい1人称の物語を紡ぎだした。こうしたモノやストーリーには、ギャングメンバーたちのすさまじい生活環境を赤裸々に伝えるランドスケープが反映されている。本書は、内部のヒエラルキーと歴史を保持し、一般的に社会から称賛される価値である「忍耐・回復力・忠誠」という3つのコアバリューにたどり着くために、このギャングがどのようにして自らにモングレル・モブの烙印を押しているのかを探求した。この作品集のフォーマットにはギャングのハンドブックの形式を採用している。イメージの順番と分類はメンバーとの協議によって決定され、彼らの地理的・家族的・階層的関係性に基づいている。文章の部分は、編集していないギャングの声で占められている。作者の作り出すイメージは、いまやモングレル・モブの歴史とヴィジュアル的な神話の一部となった。本書の制作にあたっては継続的な話し合いと関与が不可欠であった。作者は白人のニュージーランド人の第4世代であり、先祖は後にギャング発祥の中心地となる地域に最初に入植した人々だったという。植民地化のプロセスと土着コミュニティの分散・弱体化がモングレル・モブの誕生につながったと考える人もいる。ニュージーランドの歴史と同様に、この本ではいくつもの物語が錯綜している。本書はスイス最大の屋外アート写真フェスティバル「Images Vevey」で2017/2018年度のPrix du Livreを受賞した。

The Mongrel Mob of Aotearoa New Zealand is notorious for extreme violence, and they have long been regarded as the nation’s monsters. In layers of apparent contradictions, their icon is the British bulldog wearing a Nazi helmet, while their members are largely indigenous Maori. The Mongrel Mob’s symbols arose as both a goading response to a history of colonial subjugation of Maori, and a proclamation of war against the (white) state.

Mongrelism’ offers a communion with this impenetrable fraternity. Monumental portraits illustrate Mob members’ assertion of membership and pride in their identity. Artefact studies and brutal first person narratives are drawn from the Mob corpus, mirroring the landscapes that bare the brooding environments where Mob members live. ‘Mongrelism’ examines how the gang brands itself to itself to uphold its hierarchy and history, and find core values usually lauded by society: perseverance, resilience, and loyalty.

The publication takes the form of a gang handbook. The order and grouping of images is the result of consultation with members and hews to their geographic, familial and hierarchical relationships. An unedited Mob voice dominates the written section.

Rotman's images have become a part of Mob history and their visual mythology. Ongoing consultation and engagement has been integral.

Rotman is a fourth generation white New Zealander, his forebears were among the first to settle in the region that became the epicentre of the Mob genesis. The process of colonisation and the atomisation of indigenous communities can be argued to have resulted in the Mongrel Mob. In Mongrelism, as in the history of the nation, the narratives intertwine.

Mongrelism’ is the recipient of the Prix du Livre Images Vevey 2017/2018

by Jono Rotman

REGULAR PRICE ¥7,800

hardcover
380 pages
205 x 260 mm
color
limited edition of 1,500 copies
2018

published by HERE PRESS